スピーチ」タグアーカイブ

夫婦円満になる「2文字」の使い方




『「こそ」の二文字の置きどころ
「こそ」で乱れて
「こそ」で収まる』

今日の主賓様の心温まるスピーチでした。

「あなたがいてくればこそ」
「君が支えてくれているからこそ」

相手に付ける「こそ」という言葉は丸く収まりますが,

「俺が汗水垂らして働いているからこそ」
「私が子供の面倒を見ているからこそ」

自分に付ける「こそ」という言葉は乱れ争いのきっかけとなります。
ついつい言ってしまいたい時って,有りますが(笑)。

「こそ」の置きどころは,同時に相手の支えになろうとする気持ちの強さと同じだと思うんですね。
注意したいです。 続きを読む

カテゴリー: 乾 杯, 心に残るスピーチ | タグ: , , | コメントする

「五本指」を使った心温まるスピーチ

槇原敬之



先日、5月16日(日)の結婚披露宴。
消防署勤務の新郎さんと音楽大好きの新婦さんの幸せカップルでした。

余興から、ゲストの歌から・・・
笑劇場で玄人さんのステージを見ているような、とても芸達者な方々がそろった楽しい結婚披露宴でした。

皆さんにお伝えしたい内容盛りだくさんだったのですが、
まずは、新郎が勤める消防署の消防署長さんの、とても楽しいスピーチをご紹介します。

五本の指でたとえながら・・・
お二人への心温まるメッセージでした。 続きを読む

カテゴリー: 心に残るスピーチ | タグ: , , | 2件のコメント

結婚披露宴でスピーチするお母様




結婚披露宴では常に「もの言わない存在」になっているお母様。
余興で前に引っ張り出される以外に、特にスピーチをする機会はないですよね、お母様って。

でも今回は違っていました。
しっかりとマイクを持ってスピーチされていました。
しかも、結婚式のオープニングで(笑)。

どんな内容で、誰に、何を話されたのか・・・
でも、内容より両家のお母様に、子供に対する気持ちを話していただくチャンスって
合ってもおかしくないですよね。 続きを読む

カテゴリー: 心に残る演出・サプライズ, 新婦入場 | タグ: , , | 10件のコメント

「愛されることより愛すること」




新郎の会社の上司が話されたスピーチにて使われた言葉。

「愛されることより愛することが大切です」

「受け身」からは,何も生まれないですね。
親子の深い絆が生まれるのは,積極的な親としての「想い」があるから。
夫婦関係も一緒ですね。 続きを読む

カテゴリー: 新婚生活を迎えるにあたり, 新婦入場 | タグ: , , | 4件のコメント

主賓挨拶「欠点を救うのが愛」



本日の結婚披露宴の歓談BGMで流した,福原美穂の『優しい赤』。

主賓スピーチで考えさせられる言葉がありました。

映画監督の新藤兼人さんの言葉,
「人間は誰もが欠陥をもっている。それを救ってくれて、一人の人間が生きていくのに必要なものが愛です」

人の欠点を包み込む優しさってどこから生まれるのでしょうか。
どうしたら身につけることができるでしょうか。

楽な事ではないですよね。
ちょっと考えることを書かせていただきました。 続きを読む

カテゴリー: 心に残るスピーチ | タグ: , , , | 2件のコメント