サイトマップ

Page 1 of 5 : Next Page

ページ

投稿

Page 1 of 5 : Next Page

Plugin by dagondesign.com

この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

サイトマップ への9件のフィードバック

  1. nobu のコメント:

    仲居様

    はじめまして、nobuと申します。
    5月21日に結婚式を控えている者です。
    選曲の為に辿り着いたブログですが、それ以上得られるものが多かったです。
    結婚式の在り方というか、意味というか。
    準備はものすごく忙しいし、面倒だし、リゾ婚にすれば良かったと、
    何度も後悔をしました。

    でも仲居様のブログを読んでいると結婚式をする事に決めて良かったと
    心から思える様になりました。
    結婚式であるから伝えられる感謝の言葉とか
    おもてなしというのがあるかと思います。
    日々はもちろんなるだけ周りの方に気を遣い生活をしていますが
    それでは伝わらない何かがあると確信しました。
    慣例的に行うのではなくその意味を自分に問う事で
    成るようにしか成らないのが結婚式なのかなと。
    スピーチの文章を考えなければと焦っていましたが
    焦りは消えました。
    ただ、自分が言いたい事を言える様に頭の中をいくつかの
    キーワードで整理する、大体の文章構成(自分の言葉で伝えると言っても
    流れの基本は抑える必要がありますよね)を考える等の事前の準備は
    抜かりなく行いたいと思います。

    感謝の気持ちを涙なしで伝えられるかが今から心配です・・(笑)
    それじゃ締まらないのでギリギリのところで踏ん張りたいです。

    本当に素敵なブログです。
    これからもお体には気を付けて頑張ってください。

  2. 仲居 一平 のコメント:

    nobuさん

    素敵なコメント有り難うございます。
    本当に・・・嬉しいお言葉です。

    結婚式が「大切だな」と実感することになった理由は、自分の結婚式を100%お任せにしてしまった後悔がまずあるんですね。

    その理由は・・・結婚式というものにお金を使う必要性に疑問を、その当時は感じていたんですね。

    「そんなお金があるんだったら、これからの新婚生活の為に残しておいた方がいいのに・・・」
    「二人で新婚旅行をかねて海外の教会ででもちゃんちゃんと式を挙げて写真を撮ってもらい、帰国後二次会だけどこか貸し切ってやれば、それでいいんじゃyないの」

    こんな感じでした(笑)

    しかし、日々皆様の結婚披露宴をPAという立場で見させていただくうちに・・・
    「ここまで一生懸命準備されるお二人の気持ち」の真意が、だんだんわかってくるようになりました。

    若いお二人が結婚する時に集まっていただくゲストの方々って・・・
    20数年間生きてきて、それまでで一番お世話になった方々ですもんね。

    親戚の叔父さんから、学校の先生、ご友人、会社の同僚、先輩・・・

    人とのつながりで生きていくのが人の世の中ですから、このつながりを「大切に守っていこう」という考え方がとても大事だと、40歳を超えた今つくづく実感できるようになってきました。

    人の入れ替わりはあるかもしれませんが、人間死んだときに・・・何人の人が心から悲しんでお通夜に来てくれるのか(笑)。
    その人数が、自分の「人生の通知簿」のような気が・・・するんですね。
    ちょっとたとえがふさわしくなくて、申し訳ないです。

    自分の家族以外に、私の仏前でずっと手を合わせて心から拝んでくれる人って、果たして何人いるだろうか。
    「あ~面倒くさいな」と思いながら、洋服ダンスの奥から喪服ひっぱりだして、ため息吐きながら来られる方々ではなく・・・ですね。

    周りの人に助けてもらいながら、また自分も微力ながら助けてあげることができて・・・
    「ありがとう」と心から伝え合うことが、生きるということかな・・・そう思えるようになってきました。

    本番の結婚披露宴中に、メインテーブルから離れて歓談中、各テーブルにお礼を言ってお酒をつぎながら回る新郎新婦さんをよく見かけます。
    本当に素敵なシーンだなと思うんですね。

    来ていただいた感謝と、今までのお礼・・・

    今まで関わってきて助けてくれた皆さんに、「一度に二人でお礼が言える場」が結婚披露宴だと今まで書かせていただきました。
    これは、その通りだと思います。

    意外と大切で・・・
    後々めんどくさいお礼周りをしなくて済ませる「チャンス」でもあるんですよね、結婚式って(笑)

    形にこだわらなくても、その「場」さえ作って、自分達の想いをお伝えしていただければそれで良いと思います。

    nobuさんは新婦さんですかね(笑)
    お手紙、頑張ってくださいね。
    泣いちゃっても結構。
    伝えたい手紙文をゆっくり・・・ご両親へ伝えてあげてください。
    想いが伝わればそれでOKです。
    必ず、伝わりますからご安心ください。

    5月21日はどうかご一緒に楽しんでくださいね。

    またどんな式になったのか、もしお手すきになられたら、またコメントしてくださいませ。

    がんばってください。
    有り難うございます。

  3. nobu のコメント:

    仲居様

    おはようございます、nobuです。
    お久しぶりです。
    先日無事に結婚式を終える事が出来、ハネムーンより帰宅しました。
    なお、私nobuは新郎です(笑)
    恐らく新郎の最大の見せ場と、もっとも大事な最後のスピーチで泣いちゃう新郎というのは、、、という観点から両親への手紙朗読をする新婦を思い浮かべられたのだと思います。
    ですが、最後のスピーチで
    >感謝の気持ちを涙なしで伝えられるかが今から心配です・・(笑)
    >それじゃ締まらないのでギリギリのところで踏ん張りたいです。
    と思いこの様に書かせて頂いた次第です(苦笑)

    仲居様のブログを読んで以来、結婚式という物の考え方が180度変わったという事はお話をさせて頂いた通りです。
    それまでの自分ときたらまさしく

    >「そんなお金があるんだったら、これからの新婚生活の為に残しておいた方がいいのに・・・」
    >「二人で新婚旅行をかねて海外の教会ででもちゃんちゃんと式を挙げて写真を撮ってもらい、帰>国後二次会だけどこか貸し切ってやれば、それでいいんじゃyないの」

    こんな状況で、こんなにも自分を代弁している表現ってあるのかな!?って思うくらいずばりの言葉でした。。。
    それが式直前ではありますが、今までの自分に対して式当日、わざわざ休みを使い、安くはない御祝儀を持ち、堅苦しいスーツやドレス、お金をかけセットしたヘアーメイクで、
    ごみごみとした街へ結婚式の為に来てくれる方々の事を考えた時、感謝以外のナニモノでもないという思いが込み上げてきました。
    もちろん来たくても予定が合わなかった人、声を掛けてあげれなかった人、二次会から呼べた人、二次会すらも声を掛けられなかった人、そういう人すべてを含めもう「感謝」という気持ち以外になかったのです。
    当日はこの思いを絶対に自分の言葉で伝え、みなさんに「今までありがとう、これからもよろしく」という思いを最大限届けたいと思いました。
    その事を思いながら仲居様のブログにコメントをして、目にうっすらと浮かぶ涙の存在を知りました。
    そういう事を考えたら感情的になり、当日は溢れる涙を止められるか心配になったのです。

    で、当日の様子ですがすべて大成功でした。
    これまで二人で積み重ねてきた物をすべてを出し切り、両親に、友達に、上司に最大限のありがとうや、お陰で私たち二人は何があっても支えあっていく事が出来る深い絆を得られましたという強い意志を伝えました。
    その結果それらの思いが届いたのか、「今までで最高の式だった」や「素敵な式をありがとう」という最高のお言葉をお見送りの際、泣きじゃくりながら、両手での握手を求められたり、抱きつかれながら
    たくさんの方に掛けて頂きました。たくさんのメールも届きました。

    これが成功と言えるかは分からないですが最高に心が温まる瞬間でした。
    最後のスピーチは結局、情けない男泣きをしてしまいましたが(苦笑)、会場全体が涙に包まれていたので少しはこの思いが伝わったのかなと解釈をする様にしています。。。司会者の方もスピーチの後の進行を涙で詰まらせたのです?!

    結婚式それは両親への今までの感謝と、自分たちに今までとこれから関わっていく人たちへの感謝とよろしくの思いの丈を声を大にして叫んでも気味がられない最高の舞台であるのかなと思いました。
    またそれを実感させられる、自分は一人では生きていけない、皆がいて今の自分があるということを思い知らされる場所であると思いました。
    またそれを裏方で支えて下さった式場の皆さんにも感謝です。

    演出はすべてゲスト達への為に行ったつもりです。こう書くと批判もありそうですが無駄なイルミネーションや装飾にお金はかけませんでした。
    もちろん自分達のものさしですが、自分達が嬉しいお料理やお引き出物に、自分達の範疇で最大限のおもてなしを行いました。
    結婚後の資金や旅行に使うお金というのも本当に大事です。ですがそれはまた貯められます、貯める過程だって楽しいです。
    結婚式を差し置いて、皆への感謝を差し置いて、欲しかった家電や車を買って贅沢すぎる新婚旅行に行くというのは今ならあり得ないと自信を持って言えます。
    そういう物を多少我慢しても結婚式という物は行う価値があるものであると理解出来ました。

    そう思わせてくれた仲居様のこのブログには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございました。
    このブログを読んで、こんな幸せな結婚式を行えた人がいた事を忘れないでください。
    私以外にもいるでしょうしね。
    またBGMに関しても最大限活用させて頂いたのは言うまでもありません!!!(笑)

    これからもお体には気を付けて頑張ってください!!!!

  4. 仲居 一平 のコメント:

    nobuさん、ご結婚おめでとうございます。
    そうか、nobuさん新郎さんだったんですね(笑)
    失礼いたしました・・・

    とても心に残る結婚披露宴になったようですね。
    本当に良かったですね。

    司会者さんまで涙で詰まらせるって、よほどのことですよね^^;
    挙式スタートして、最後の締めの挨拶に至るまで・・・
    皆さんとの語らいや、笑顔での目での挨拶や、楽しいスピーチなど、全ての暖かいゲストの皆さんからのお祝いをうけて、最後のスピーチで感極まる新郎さん、おられますね。

    そう再々はお見かけしませんが・・・
    いきなり、締めのスピーチを書いていた紙を握りつぶして、

    「もう、今の気持ちをそのままお伝えします!」

    ってやる新郎さん(笑)
    あまりに感動してしまって、皆さんに感謝の気持ちで一杯になり・・・
    来場者さんのお名前を一人一人挙げていきながら、「ありがとうございます」をずっと述べられるんですね。

    とても幸せそうな笑顔でですね。

    nobuさんもきっとそんな心境になられたんだと思います。
    一生、記憶に残る素晴らしい結婚披露宴になりましたね。
    本当に羨ましい限りです。

    今までお世話になった方々に、ご両親やご兄弟へも含めて気持ちを込めてお礼ができたことは、
    絶対これからの生活でプラスになることと思います。

    自分に関わってきてくれた方に、安心してもらうことって、プライスレスですからね(笑)
    簡単にできることでも無いかと思います。

    これからが、nobuさんの新しい生活が始まります。
    お二人で力を合わせて、どうか幸せなご家庭を築いていってくださいね。

    最後の最後で・・・奥様から「ありがとう」って言われることが、一番幸せなことなのかもしれません。
    僕はそれを目指して今頑張っていますが・・・・
    どうでしょうか、まだまだ時間がかかりそうです(笑)

    また、遊びにきてくださいね。

  5. URI のコメント:

    はじめましてURIともうします。
    わたくし事ですが、来年1月に結婚式が控えてるのですが全然BGMが決まらず悩んでいます。あと1カ月しかないのでアドバイスと、お勧めの曲がありましたらお願いします。私が、音楽にあまり詳しくないので・・・
    披露宴会場は白基調のゲストハウスです。ウェディングドレス~和装(色内掛け)のお色直しです。
    今のところ
    新郎新婦入場・・・シェネル Baby I Love U
    ケーキ入刀・・・ To Love You More
    プロフィールムービー・・新郎 ダウンタウンブギウギバンド  トラックドライ            ビングブギ
                新婦 絢香の曲で悩み中
                二人 ケツメイシ  ドライブ
    エンドロール・・・候補 Bank Band 糸
    その他で使い曲の候補が、加藤ミリヤ Love is  EXILE もっと強く
    絢香×コブクロの曲  アルマゲドンのmiss Athing などが出ていますがどこでなにを使ったらいいのか悩んでしまい困っています。
    今週一杯が締切りです。どうにかなりそうですか?
    私は、EXILEとドリカム、ミリヤが好きで・・・
    主人は、洋楽と古めの曲が好きなんです。

  6. 仲居 一平 のコメント:

    URIさん
    お問い合わせ有り難うございます。

    来月1月というと、もうすぐですね。
    ちょっと急いで決めましょうか。

    お尋ねの内容をまとめますと・・・

    • 【新郎新婦入場】 Che’Nelle(シェネル)の『Baby I Love U』
    • 【ケーキ入刀】 Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の『To Love You More』
    • 【プロフィールムービー:新郎パート】 Down Town Boogie Woogie Bandの『トラック・ドライヴィン・ブギ』
    • 【プロフィールムービー:新婦パート】 絢香の曲で悩み中・・・
    • 【プロフィールムービー:二人パート】 ケツメイシの『ドライブ』
    • 【エンドロールムービー】 Bank Bandの『糸』

    決めているのが上記のシーンとBGMということですね。
    また、その他で使いたい曲の候補が、

    • 加藤ミリヤの『Love is』
    • EXILEの『もっと強く』
    • 絢香×コブクロの曲
    • エアロスミスの『I Don’t Want to Miss a Thing』

    となりますね。

    URIさんは、EXILEとドリカム、ミリヤがお好きで・・・
    ご主人は、洋楽と古めの曲が好き、ということですね。

    了解しました。

    決めるに際し、逆にわからない点、情報として欲しい点を言わせていただきますと、

    • どのシーンBGMを決めればいいのでしょう?
    • 中座時はどなたと退場されますか?
    • お色直し再入場はどんな演出をお考えですか?
    • 新婦のお手紙朗読はなされますか?

    この情報をできれば早めにください。
    一応私が「お任せ」でBGMを依頼を受ける場合に曲決めしているシーンを付け足してみます。

    • 【新郎新婦入場】 Che’Nelle(シェネル)の『Baby I Love U』
    • 【プロフィール紹介:司会者さん代読】 ***
    • 【乾杯】 ***
    • 【歓談時のBGM】 ***
    • 【ケーキ入刀】 Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の『To Love You More』
    • 【お色直し退場:新婦】 ***
    • 【お色直し退場:新郎】 ***
    • 【プロフィールムービー:新郎パート】 Down Town Boogie Woogie Bandの『トラック・ドライヴィン・ブギ』
    • 【プロフィールムービー:新婦パート】 絢香の曲で悩み中・・・
    • 【プロフィールムービー:二人パート】 ケツメイシの『ドライブ』
    • 【お色直し再入場:1曲目】 ***
    • 【お色直し再入場:2曲目】 ***
    • 【お色直し再入場:3曲目】 ***
    • 【新婦お手紙朗読】 ***
    • 【ご両親への花束贈呈】 ***
    • 【ご両家退場】 ***
    • 【エンドロールムービー】 Bank Bandの『糸』
    • 【送賓時】 ***

    「***」で表記したシーンのBGMと、歓談時のBGMは決めないといけないですね。
    既に決めておられるのですか?

    お色直し再入場を「キャンドルサービス」での登場であれば、メインキャンドルへの点火の瞬間に盛り上げるBGMも決めないといけません。
    曲調もキャンドルと各卓写真などでは全く違ったものになります。

    候補として挙げておられる曲の使えるシーンをお知らせしておきますね。

    加藤ミリヤの『Love is』

    これはしっとりしたバラードですので、お色直し再入場がキャンドルサービスといった「暗転系」の演出であれば、
    その数曲のうちの1曲に差し込むケースが多いです。
    また、メインキャンドルへの点火や、カクテルフェスタのメイングラスへの発光液注入の瞬間にサビから流したりします。
    後は、送賓時にそっと流すか・・です。

    EXILEの『もっと強く』

    これもバラードですね。
    中座で使うのもちょっと暗いかな・・・
    やはりこれも一番多いのは、暗転系の時の演出曲として。
    これくらいのしっとりBGMを使うシーンって、暗転系の演出時なんですね。
    キャンドルサービスなどに持って来いです。
    後は『Love is』と一緒で、送賓時にも使えます。

    絢香×コブクロの曲

    『WINDING ROAD』なら「乾杯」で使えますね。
    よくリクエストをいただくBGMです。

    『あなたと』なら、暗転系の演出かプロフィールビデオのお二人パートで使えます。

    エアロスミスの『I Don’t Want to Miss a Thing』

    これもリクエストの多い曲です。
    一番よく使うシーンは、サビから流してメインキャンドルへの点火シーン。
    これも暗転系の演出でよく使います。

    再入場シーンの演出がキャンドルサービスといった暗転系なら使える曲はたくさんありますね。
    ただ、和服での再入場とお聞きしていますので、どうでしょうか?
    もう少し和服の再入場は、「和」を意識したようなBGMにしたいとか・・・
    あまり「和調」を考えないで、自分たちの好きな曲を決めていけば良いとお考えか・・・

    もう少し情報をください。

    よろしくお願いします。

  7. URI のコメント:

    早速お返事ありがとうございます。

    ■【新郎新婦入場】 Che’Nelle(シェネル)の『Baby I Love U』
    ■【プロフィール紹介:司会者さん代読】 式場準備
    ■【乾杯】 ***
    ■【歓談時のBGM】 ***
    ■【ケーキ入刀】 Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の『To Love You More』
    ■【お色直し退場:新郎・新婦】 『A whole NewWorld 』
    ■【プロフィールムービー:新郎パート】 Down Town Boogie Woogie Bandの『トラック・ドライヴィン・ブギ』
    ■【プロフィールムービー:新婦パート】 絢香の曲で悩み中・・・
    ■【プロフィールムービー:二人パート】 ケツメイシの『ドライブ』
    ■【お色直し再入場:1曲目】 ***
    ■【お色直し再入場:2曲目】 ***
    ■【お色直し再入場:3曲目】 ***
    ■【新婦お手紙朗読】 ***
    ■【ご両親への花束贈呈】 ***
    ■【ご両家退場】 ジャーニー 『Open Arms』
    ■【エンドロールムービー】 Bank Bandの『糸』
    ■【送賓時】 ***
    そのほかに、使いたい曲は・・・

  8. URI のコメント:

    和装で再入場で雰囲気をガラッと変えたいので、候補は万賛歌・NHK大河ドラマ龍馬伝の曲です。 インパクトがあり、あまり暗くならない程度がいいです。
    入場で、番傘をさします。 テーブルラウンドは、Happy Weddingの文字をみんなでもって写真撮影のみになります。
    主人は、洋楽のみでいきたいようですがあまりミックスにならないほうがよいのでしょうか?
    あとは、アルマゲドンの曲も使いたいのですが・・・

  9. 仲居 一平 のコメント:

    URIさん

    なるほど、ちょっと考えてみますね。
    現在決まっている曲をまとめますと・・・

    • 【新郎新婦入場】 Che’Nelle(シェネル)の『Baby I Love U』
    • 【プロフィール紹介:司会者さん代読】 式場準備
    • 【乾杯】 ***
    • 【歓談時のBGM】 ***
    • 【ケーキ入刀】 Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の『To Love You More』
    • 【お色直し退場:新婦】 ***
    • 【お色直し退場:新郎】 ***
    • 【プロフィールムービー:新郎パート】 Down Town Boogie Woogie Bandの『トラック・ドライヴィン・ブギ』
    • 【プロフィールムービー:新婦パート】 絢香の曲で悩み中・・・
    • 【プロフィールムービー:二人パート】 ケツメイシの『ドライブ』
    • 【お色直し再入場:1曲目】 ***
    • 【お色直し再入場:2曲目】 ***
    • 【お色直し再入場:3曲目】 ***
    • 【新婦お手紙朗読】 ***
    • 【ご両親への花束贈呈】 ***
    • 【ご両家退場】 ***
    • 【エンドロールムービー】 Bank Bandの『糸』
    • 【送賓時】 ***

    乾杯は先にご紹介しましたが、URIさんが候補に挙げられていました、絢香×コブクロの『Winding Road』でも良いかと思います。
    あと、私が個人的によく使っているのが、ドラマ「王様のレストラン」の『「王様のレストラン」テーマ』

    ご参考にしてください。

    歓談BGMは式場準備でしょうか。
    もしそうで無ければ、これは私のいつもお勧めしている、 トーマス・ハーデン・トリオの『Wedding Melodies in Jazz Sounds(Jazzで聴くウエディング・メロディーズ)』

    他にもたくさんあります。
    詳しくは「歓談時のBGM」を参照してみてください。

    プロフィールDVDの新婦パートでお悩みですね。
    絢香なら、曲の流れで考えると、『おかえり』なんかはどうでしょう。
    私なら『おかえり』を使うと思います。

    お色直し再入場は、和服なんですね。
    番傘・・・良いですね!

    龍馬伝で入場も問題ありません。
    さて、その次に続く曲です。

    各卓写真でテーブルラウンドですね。
    となると、楽しい感じが良いかと思います。
    龍馬伝だから、そういう和装チックな曲で通さないといけないという決まりなどありません。
    アルマゲドンもOKだと思いますよ。

    1曲目だけは和装を意識して、各卓写真なら途中でくだけてくるので、ちょっとアップテンポな洋楽に切り替えてもOKだと思います。
    御希望のAerosmith(エアロスミス)『I Don’t Want to Miss a Thing』を入れて、あともう一曲要りますね。

    何がいいでしょうか・・・

    候補に挙げておられる曲はEXILE、加藤ミリア、絢香×コブクロ、ドリカム・・・
    全て邦楽ですね。
    別に洋楽、邦楽ごちゃ混ぜでも何も問題もありません。
    流したいお好きな曲を流していただければ結構だと思うんですね。

    もし、候補から挙げるとすれば、

    Dreams Come Trueの『うれしい!たのしい!大好き!』辺りでぱっと盛り上げると思います。
    私がPAをしていればですね(笑)

    『I Don’t Want to Miss a Thing』を流せば、もう何でもありになります(笑)
    もしご主人のお好みで洋楽にこだわるのであれば、

    Seasons of love【from ”RENT” the movie】を流すかも知れません。
    映画「RENT」の主題歌。
    とてもハーモニーが綺麗です。

    さて、新婦さんのお手紙朗読シーンから花束贈呈シーンで使うBGM。
    これはいつものように、「インストゥルメンタルから盛り上がる曲へ」このパターンで行きたいですね。

    ここはたくさん曲があります。
    お好きな曲で考えてみましょうか。

    手紙朗読で、EXILEの『道』(ピアノインストゥルメンタル)
    そして花束贈呈で、Faith Hill(フェイス・ヒル)の『Over The Rainbow(虹の彼方に)』

    ご主人のお好きな古い洋楽(笑)、『Over The Rainbow(虹の彼方に)』です。
    ご両親もご存じな曲だと思いますので、喜んでいただけるかもです。

    私がよく使う曲です。
    どうでしょうか?

    あと送賓時の曲ですが、これは候補に挙げておられる曲をそのまま流せば良いかと思います。

    加藤ミリヤの『Love is』
    EXILEの『もっと強く』
    絢香×コブクロの『あなたと』

    この辺りはあまり曲調考えないでも、流せるシーンです。

    以上、簡単ではありますが私が思うBGMを挙げさせていただきました。
    まとめますと

    • 【新郎新婦入場】 Che’Nelle(シェネル)の『Baby I Love U』
    • 【プロフィール紹介:司会者さん代読】 式場準備
    • 【乾杯】 「王様のレストラン」テーマ
    • 【歓談時のBGM】 トーマス・ハーデン・トリオの『Wedding Melodies in Jazz Sounds(Jazzで聴くウエディング・メロディーズ)』
    • 【ケーキ入刀】 Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の『To Love You More』
    • 【お色直し退場:新婦】 ***
    • 【お色直し退場:新郎】 ***
    • 【プロフィールムービー:新郎パート】 Down Town Boogie Woogie Bandの『トラック・ドライヴィン・ブギ』
    • 【プロフィールムービー:新婦パート】 絢香の『おかえり』
    • 【プロフィールムービー:二人パート】 ケツメイシの『ドライブ』
    • 【お色直し再入場:1曲目】 『NHK大河ドラマ 「龍馬伝」』
    • 【お色直し再入場:2曲目】 Aerosmith(エアロスミス)の『I Don’t Want to Miss a Thing』
    • 【お色直し再入場:3曲目】 Seasons of love【from ”RENT” the movie】
    • 【新婦お手紙朗読】 EXILEの『道』(ピアノインストゥルメンタル)
    • 【ご両親への花束贈呈】 Faith Hill(フェイス・ヒル)の『Over The Rainbow(虹の彼方に)』
    • 【ご両家退場】 ジャーニーの『Open Arms』
    • 【エンドロールムービー】 Bank Bandの『糸』
    • 【送賓時:1】 加藤ミリヤの『Love is』
    • 【送賓時:2】 EXILEの『もっと強く』
    • 【送賓時:3】 絢香×コブクロの『あなたと』

    お色直し退場は、ともに退場される方との思い出の曲を使ってください。

    ご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です