パンチの効いた洋楽バラードで再入場を盛り上げる

Chaka Kahn(チャカ・カーン)


驚異的な歌唱力で1970年代にR&Bの女王に上り詰めた,アメリカ合衆国イリノイ州出身のChaka Kahn(チャカ・カーン)。
1953年生まれの御歳56歳・・・もうベテランの域ですね。

今日のお色直し再入場はカクテルフェスタ。
照明を落として,各卓中央においてあるグラスに液体を注ぎ込んで見事なブルー色に発光させて回る演出です。

その再入場BGM。
最初に持ってきたのが,Chaka Kahn(チャカ・カーン)の『Through The Fire』でした。
バラードですが,Chaka Kahn(チャカ・カーン)が歌うと迫力満点(笑)。
皆さんも一度は聞いたことがある曲だと思います。

今日の再入場時に使用したBGM3曲をご紹介します。
真ん中に落ち着いたしっとり系の『Eternal Flame』を挟んで,入場時の『Through The Fire』,そメインキャンドル点火時に流した『Dilemma』でパンチの効いた洋楽バラードを上手く使った組み合わせでした。

パンチの効いた洋楽バラードで再入場を盛り上げる3曲

  • Chaka Kahn(チャカ・カーン)の『Through The Fire』
  • The Bangles(バングルス)の『Eternal Flame(胸いっぱいの愛)』
  • Nelly,Kelly Rowland(ケリー・ローランド )の『Dilemma』



以下に3曲の試聴Boxを置きましたので,イメージしながら試聴してみてください。
場面は,しっとり入場のキャンドルサービスや今回のカクテルフェスタでイメージしてくださいね。

Chaka Kahn(チャカ・カーン)

【しっとり系再入場:1曲目】 Chaka Kahn(チャカ・カーン)の『Through The Fire』



Chaka Kahn(チャカ・カーン)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『エピファニー~ザ・ベスト・オブ・チャカ・カーン』
  • アーティスト名:The Chaka Kahn(チャカ・カーン)
  • 今回の推薦BGM:『Through The Fire』
  • Chaka Kahn(チャカ・カーン)『Through The Fire』の日本語訳は巻末を参照してください
  • 『Chaka Kahn(チャカ・カーン)』公式サイト

夏,恋人とドライブの際かかってきて欲しいBGM!!
って,40越えたおっさんが言うセリフにすれば・・・ちょっと臭すぎでしょうか(泣)

パンチの効いたバラード。
月並みですがこの例えが一番しっくりときます。
婚礼でよく指定されるBGMです。

燃える炎をくぐり抜けても
行けるところまで行きましょう
あなたと一緒にいられるのなら
どんな危険も恐くはないわ
燃える炎をくぐり抜けても
たとえ何が起こったとしても
あなたを愛していられるのなら
どんなことでも耐えてみせる
最後の最後まで たとえ炎をくぐり抜けても

燃えるような熱い歌詞。
Chaka Kahn(チャカ・カーン)が熱唱してより生きる曲。
結婚披露宴の盛り上げたいシーンで使えますね。

【しっとり系再入場:2曲目】 The Bangles(バングルス)の『Eternal Flame(胸いっぱいの愛)』



The Bangles(バングルス)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


お色直し再入場(キャンドルリレー)を飾る洋楽4曲のエントリーでもご紹介しました。
落ち着いた曲です。
たくさんのArtistにカバーされている,有名なBGMですね。
よく,結婚披露宴のBGMとして指定されるナンバーです。

【しっとり系再入場:3曲目メイン点灯の瞬間一気に盛り上げる時!】 Nelly,Kelly Rowland(ケリー・ローランド )の『Dilemma』



Kelly Rowland

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『Simply Deep』
  • アーティスト名:Nelly,Kelly Rowland(ケリー・ローランド )
  • 今回の推薦BGM:『Dilemma』
  • 『Destiny’s Child』公式サイト

Destiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)の一人,Kelly Rowland(ケリー・ローランド )の曲。
ビヨンセとは異母姉妹と言われているようです。

リズミカルで軽快なBGM,なぜかよく指定を受けます。
今回は,メインテーブル脇のメインキャンドルへの点灯の瞬間,『Eternal Flame(胸いっぱいの愛)』を一気に落として,『Dilemma』の頭出しで点灯シーンを盛り上げました。

何をしていても、あなたの事だけ考えているの
彼と一緒にいても、あなたの事で頭がいっぱい
何をしていても、考えている事はあなたのこと
彼といても、あなたの事だけおもってる

こんな感じの内容です。
かわいらしい歌詞ですね。


Chaka Kahn(チャカ・カーン)

さて,Chaka Kahn(チャカ・カーン)の『Through The Fire』の日本語訳ですが,すぎさんが運営されている「研究と自転車な日々」というブログに,素敵な日本語訳がありましたので,参照させていただきました。

すぎさん,有り難うございます。

Chaka Khanの『Through the fire』の日本語訳

I’d look in your eyes and I can see
With love so dangerously
You’re not trusting your heart to anyone
You tell me you’re gonna play it smart
We’re trough before we start
But I believe we’ve only just begun

あなたの目を見れば すぐにわかるわ
愛がはっきりと見えるのに
あなたは誰にも 心を許していない
賢くやっていきたいと あなたは言ったわ
はじまる前から そんなことを言っていたわね
でも私達はまだ はじまったばかりじゃないの

When it’s this good, There’s no saying no
I want you so, I’m ready to go

素晴らしいと思えるものなら 拒否することなんかないじゃない
私はあなたが欲しいのよ だから 私は心を決めているわ

Through the fire, to the limit to the wall
For a chance to be with you, I’d gladly risk it all
Through the fire, to the limit, come what may
For chance of loving you, I’d take it all the way
Right down to the wise, even through the fire

燃える炎をくぐり抜けても
行けるところまで行きましょう
あなたと一緒にいられるのなら
どんな危険も恐くはないわ
燃える炎をくぐり抜けても
たとえ何が起こったとしても
あなたを愛していられるのなら
どんなことでも耐えてみせる
最後の最後まで たとえ炎をくぐり抜けても

I know you’re afraid of what you feel
You still need time to heal
And I can help if you only let me try
You touch me and something in me known
What I can have with you
But I’m not ready to kiss this dream goodbye

自分の気持ちに 戸惑っているのね
心が癒えるまでは 時間が必要なのよ
あなたがそうさせてくれるのなら 私はあなたの力になれるのよ
あなたが私に触れたとき 私には分かったの
あなたとならうまくやっていけるって
そんな夢を手放してしまうなんて
私にはとてもできそうにないわ

When it’s this sweet, there is no saying no,
I need you so, I’m ready to go

素晴らしいと思えるものなら 拒否することなんかないじゃない
私はあなたが欲しいのよ だから 私は心を決めているわ

Through the fire, to the limit to the wall
For a chance to be with you I’d gladly risk it all
Through the fire, to the limit, come what may
For chance of loving you, I’d take it all the way
Right down to the wise, even through the fire

燃える炎をくぐり抜けても
行けるところまで行きましょう
あなたと一緒にいられるのなら
どんな危険も恐くはないわ
燃える炎をくぐり抜けても
たとえ何が起こったとしても
あなたを愛していられるのなら
どんなことでも耐えてみせる
最後の最後まで たとえ炎をくぐり抜けても

Through the test of time

Through the fire, to the limit to the wall
For a chance to be with you, I’d gladly risk it all
Through the fire, to the limit, come what may
For chance of loving you, I’d take it all the way
Right down to the wise, even through the fire

燃える炎をくぐり抜けても
行けるところまで行きましょう
あなたと一緒にいられるのなら
どんな危険も恐くはないわ
燃える炎をくぐり抜けても
たとえ何が起こったとしても
あなたを愛していられるのなら
どんなことでも耐えてみせる
最後の最後まで たとえ炎をくぐり抜けても

To the wire, to the limit, through the fire, through whatever…

こんなに素晴らしいことなら 拒否することなんかないじゃない
私はあなたが欲しいのよ だから 私は心を決めているの



少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 新郎新婦入場【しっとり系】, 新郎新婦入場【明るくPOPに】 タグ: , , , , パーマリンク

パンチの効いた洋楽バラードで再入場を盛り上げる への2件のフィードバック

  1. きらら のコメント:

    こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
    もうじき挙式を控えた、きららです。
    式が近づき、現在少々焦っております・・・

    BGMも煮詰まってきたのですが、キャンドルサービスのBGMがまだ決まっていません。
    担当者からは、3~4曲準備するように言われているのですが、1曲しか決まっていません。その1曲は、チャカ・カーンの「スルーザファイア」です。

    ソウルフルな歌声と歌詞がとても素敵だと思いました。その1曲は確定です。
    メインキャンドル点火は、今のところ、「ユーレイズミーアップ」にしようかと迷っています。

    他に同じようなイメージの曲はないでしょうか?

    キャンドルサービスは、「明るくてポップ」というよりも「しっとりとした感動的なバラード」が好みです。
    新郎・新婦ともに30代で、どちらかというと、大人しいカンジです。

    アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  2. 仲居 一平 のコメント:

    きららさん

    The Chaka Kahn(チャカ・カーン)の『Through The Fire』に続く、キャンドルサービスのBGMですね。

    『Through The Fire』はバラードですが、結構パンチ力のある力強い曲ですね。
    これに続くのに・・・そうですね、次の曲は少ししっとり感が増したような曲をもってくると合いそうですね。
    私がよくご提案する曲ですが・・・

    Mariah Carey(マライア・キャリー)とBrian McKnight(ブライアン・マックナイト)デュエット曲、『Whenever You Call』
    http://besthirouen.com/2008/06/23/weddingsong_wheneveryoucall/

    披露宴会場が水を打ったように静かになる・・・
    しっとりバラードの極地。

    同じくデュエット曲で選ぶなら、

    Mariah Carey(マライア・キャリー)とLuther Vandross(ルーサー・ヴァンドロス)の『Endless Love』
    http://besthirouen.com/2010/04/25/mariahcareysongs/

    このあたりでしょうか。
    お二人そろった入場ですのでデュエットバラードが男女両方の声が交互に響いて綺麗ですね。

    あとは少し趣が変わりますが、しっとりとクラッシックっぽく上品に演出する場合は、

    ANDREA BOCELLI(アンドレア・ボチェッリ)の『The Prayer』
    http://besthirouen.com/2009/06/21/andreabocelli_theplayer/

    綺麗なバラードです。
    ちょっと品格がありすぎでしょうか(笑)

    さて、このあたりで繋いで、最後メインキャンドルへの点火の盛り上げ曲ですね。

    Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)の『You Raise Me Up』
    http://besthirouen.com/2008/06/09/weddingsong_youraisemeup/

    このさびから流すのも綺麗ですよ、問題ありませんね。

    以前あったのですが、Billy Joel(ビリー・ジョエル)の『When You Wish Upon A Star(星に願いを)』
    http://besthirouen.com/2009/08/16/candlerelay_bgm/

    40秒後の出だしから流してください。
    落ち着いたビリーの円熟した声が、暖かく会場に響きます。
    何とも方の力の抜けた、リラックスした感じ、良いですよ、こんな感じも。

    参考になりますでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です