ゲストスピーチをもらいながらプロフィール紹介




先日,このブログによくコメントをいただく哲也さんの結婚披露宴をご紹介させていただきました。

「哲也さん亜貴さん,末永くお幸せに」の稿にて詳細はお伝えしました。
6枚のDVD上映を駆使して,皆さんに分かり易く,感動的に感謝の気持ちを伝える素晴らしい結婚披露宴でした。

もう一つ・・・哲也さん亜貴さんの結婚披露宴から。
ゲストの皆さんと一体になれる大変参考になる演出をされていたので,皆さんに再度ご紹介します。

それは,「プロフィール紹介」です。

「プロフィール紹介」。
事前にまとめて,司会者さんが代読するというスタイルが多いですね。
その「プロフィール紹介」を,もっとゲスト皆さんで楽しくやっちゃいましょう!

今回はそんなお話です。

さて,使用BGMはEnya(エンヤ)でした。
今まで何度となく取り上げてきたEnyaですが,少し長めの「プロフィール紹介」を全てEnyaで統一していました。





Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『ペイント・ザ・スカイ (ザ・ベスト・オブ・エンヤ)』
  • アーティスト名:Enya(エンヤ)
  • 今回の推薦BGM:『Anywhere is』
  • Enyaの『Anywhere is』の日本語訳は巻末を参照してください。
  • 『Enya(エンヤ)』公式サイト



今までプロフィール紹介に関するちょっとした演出(工夫)を,何度かご紹介してきました。

新郎新婦のお母様が書いた我が子のプロフィール紹介を司会者さんが代読するパターン。
新郎新婦のお母様が書いた「手紙」でプロフィール紹介

新郎新婦自らが,お互いのプロフィールをマイクを持って紹介するパターン。
新郎新婦自ら「プロフィール紹介」

乾杯の後,食事が始まった際に司会者さんが代読する「プロフィール紹介」は・・・
皆さん,なかなか聞いてくれませんね(笑)。

しかし,今回の哲也さんの結婚披露宴のように,「ゲスト参加型」にしてしまえば
当然皆さん「参加」してくれます(笑)。

そうですね。
要所要所でゲストの皆さんにインタビューを挟みながら,進めていくスタイルです。

哲也さんの結婚披露宴の場合。
新郎哲也さんの小さいころの生い立ちの最中で,お母様にマイクを向けてインタビュー。
もちろん,司会者さんがワイヤレスマイクを持って突撃されます(笑)。

そして,最初の就職先でのお仕事ぶりの話の時に,元同僚の方にインタビュー。

そして,現在の職場でのご活躍の話で,部署長様にインタビュー。

・・・とこんな感じですね。
同様に,新婦亜貴さんは生い立ちで,大の仲良しのお兄さんからインタビュー。

大学時代,初めて一人暮らしを始めた頃のエピソードは,大学時代のご友人からインタビュー。

そして,最初のご勤務先のハードワークをご紹介する際に,新婦ご友人からのインタビュー。

少し時間をかけますが,乾杯をすませて歓談中に和やかな雰囲気でやりますので,
”時間が長い”という印象が無いんですね。

一方的に司会者さんが代読する「プロフィール紹介」よりも,皆さんに新郎新婦のエピソードを語ってもらいながら司会者さんがまとめていく「プロフィール紹介」のほうが,アットホームな感じがして良いと思いました。

最近は,生い立ちDVDの上映で済ませてしまうので,司会者さんがプロフィールの原稿読みをする機会が少し減ってきたかなという感じもしますが,一方的な紹介スタイルより,「ゲスト参加型」もOKだと感じました。

突撃インタビューですので,飾らない本音の言葉が逆に新鮮に聞こえますね。

ご参考まで。

Enyaの『Anywhere is』の日本語訳

I walk the maze of moments
but everywhere I turn to
begins a new beginning
but never finds a finish
I walk to the horizon
and there I find another
it all seems so surprising
and then I find that I know

瞬間の迷路をたどれば
どこを向いても
新たなスタートばかりで、
ゴールが見つからない
地平線まで歩いて行ったら
そこにもまた一つ
意外に思えるけれど
気がつけばいずれも未知の事実

Chorus:
You go there you’re gone forever
I go there I’ll lose my way
if we stay here we’re not together
Anywhere is

瞬間の迷路をたどれば
どこを向いても
新たなスタートばかりで、
ゴールが見つからない
地平線まで歩いて行ったら
そこにもまた一つ
意外に思えるけれど
気がつけばいずれも未知の事実

The moon upon the ocean
is swept around in motion
but without ever knowing
the reason for its flowing
in motion on the ocean
the moon still keeps on moving
the waves still keep on waving
and I still keep on going

海にかかる月は
忙しく動き回るけれど
なにゆえに漂い
水面を走るのか
それでも月は動き続け
並はうねり続け
私は歩み続ける

Chorus

I wonder if the stars sign
the life that is to be mine
and would they let their light shine
enough for me to follow
I look up to the heavens
but night has clouded over
no spark of constellation
no Vela no Orion

干した血は示してくれるのだろうか
私のものになるはずの命を
そして照らしてくれるのだろうか
私が未知をたどれるように
天を仰ぎみても
夜の帳が下りて
星座の輝きはそこにはない
フェラも、オリオンも

合唱:
あなたが行けば、それきりになる
私が行けば。途方に暮れてしまう
こうしていても、2人の心は離れたまま
いずこも同じ

The shells upon the warm sands
have taken from their own lands
the echo of their story
but all I hear are low sounds
as pillow words are weaving
and willow waves are leaving
but should I be believing
that I am only dreaming

暖かな砂に横たわる貝殻は皆
故郷の島から流されてきた
それぞれが語る身の上話はしかし
私にはほとんど聴こえない
柔らかな言葉が織り成し
しなやかな波がひいていく
信じなければいけないんだろうか
これはただの夢でしかないと

Chorus

To leave the thread of all time
and let it make a dark line
in hopes that I can still find
the way back to the moment
I took the turn and turned to
begin a new beginning
still looking for the answer

時を紡ぐ糸から手を放し
暗い線を描かせてみよう
まだ間に合うことを祈りつつ
あの瞬間に戻れますように
方向転換をして
新しいスタートを切ったあの瞬間に
未だ答えを求め続け

I cannot find the finish
It’s either this or that way
it’s one way or the other
it should be one direction
it could be on reflection
the turn I have just taken
the turn that I was making
I might be just beginning
I might be near the end.

ゴールを見つけられずにいるけれど
こちらか、あちらか
道は2つに1つ
進むべき方向は1つ
熟慮するもよし
さっきの曲がり角で
スタートを切ったばかりかもしれず
ゴールに近づいたのかもしれず


note本文中でご紹介した写真は,私がいつも楽しく読ませていただいている『HIROMI PHOTO BLOG』でおなじみのカメラマン,HIROMIさんのご厚意で参照させていただいております。なお,写真は本文とは関係ありません。HIROMIさん有り難うございます。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: プロフィール紹介, 心に残る演出・サプライズ タグ: , , , パーマリンク

ゲストスピーチをもらいながらプロフィール紹介 への4件のフィードバック

  1. tetsuya のコメント:

    こんばんは!
    御無沙汰しておりました。
    当方もなかなか更新できず、おかげ様でそれだけ家事育児仕事に忙しい日々を送っています(苦笑)

    まあ仕事が忙しいというのはありがたいことですが・・・
    私たちの場合、忙しい=利益(ここで言う利益はお金です)になるわけではないのですが、でも私たちの役割は高齢者にとって
    の利益を提供するわけで、それが我々の利益へと繋がります。
    そういう基本構造をわからない素人経営者がこの業界にも増えて大変です。
    先日も配置転換がありましたが、訳が分からず・・またしわ寄せが来ることだけは確かで、何役も一人でこなさなきゃなりません。
    きっと偉くなると暇なんで一日、社内中のメールチェックしたり、人を動かすことくらいしかやることがないのでしょうねえ・・・

    おっと・・仕事の愚痴になると止まらないのでこの辺で・・苦笑

    プロフィール紹介を紹介(なんか変ですね)頂きありがとうございます。これは妻が情報提供してくれて、それを参考にこの形にしました。

    確かにみんなに参加してもらったので我ながらよかったなあと思いました。やり過ぎても飽きてしまうのでこのくらいの人数がベストでしょうか・・・

    そうそう、うちの母の部分はフェードアウトしてますが、実は食事をお楽しみの方を前に不適切な発言があったので私の判断でカットしました(笑)
    普段はそんな話はしないのにこの晴れの舞台でやってくれました(笑)

    オープニング、エンディング、そしてこのプロフィールの間はENYAで統一しました。二人が好きなアーティストだったし、こういう空間にピッタリだったのですぐに決まりました。
    歌詞は知らなかったのですが(苦笑)とても良い詩ですね。

    お互い大変な時期だと思いますが、無理せず頑張っていきましょう♪

  2. ガラス のコメント:

    司会の仕事を長いことやっていますが、自分で気付かないうち マンネリ化してるなー と反省させられました。
    プロフィール紹介って 乾杯前は長い時間使いたくないし
    乾杯後は 聞いてないし…と思いながら続けていました。
    まだまだ 勉強です!!

  3. 仲居 一平 のコメント:

    Tetusyaさん,コメント有り難うございます。

    仕事・・・充実していますが,殺人的な忙しさです(笑)。
    お互い大変ですが,ここは乗り越えてしまいましょう♪

    動かない上司の心を悩むより,動かすことのできる自分を変えていくことに神経と時間を使いましょうか(笑)。

    しかし何度見返しても,良い結婚披露宴ですね。

    お預かりしているDVD類一式,お返ししますね。
    かなり時間が経って誠に申し訳ありません。

    娘様も元気に成長されているようで(笑)。
    哲也さんに似てません??

    今は赤ちゃんが何をやってもかわいいと感じる時期なので,どんどんいっしょに楽しい時間を満喫してください。

    奥様は大変だと思いますが~

    哲也さん,仕事でストレス感じて帰宅しても
    お子さんをあやして抱っこすれば,疲れはふっとぶでしょ?

    赤ちゃんと過ごす時間はあっという間に過ぎていきますから,今を大事にして楽しんでくださいね。

  4. 仲居 一平 のコメント:

    ガラスさん,コメント有り難うございます。

    ブログ拝見させていただきました。
    「披露宴の司会者歴25年」とは!すごいキャリアですね。

    私のような「にわかナンチャッテPA」に比べると,頭が下がる思いです。

    プロフィール紹介も,いろんなパターンがありますが,大体は司会者さんが代読するケースが一番多いと思います。

    シーンによっては,ご苦労されることと思います。

    あまり儀式的にならないように,「もっと歓談混じりで」という希望が根底にあるのでしょうね。

    今回のお二人のプロフィール紹介の形は,新婦さんが提案されたそうです。

    とても良い雰囲気でしたよ。

    あと,両家のお母様から見た新郎新婦のプロフィール紹介文を司会者さんが代読するケースも,以前ありましたが感動的でした。

    また,ガラスさんのご存じなプロフィール紹介方法で,「良かったな~」と思われた方法も教えてください。

    また,今後ともよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です