人の為になるということ

奉仕を意気に感じる学生達
今日,駅前を歩いていると,大学生くらいの若い男女が署名活動をしていました。
リーダー格の女の子が,

「経済的な理由で学校に行けない子供達を救う為に,署名を集めていまーす!
よろしくお願いしま~す!!」

学生さんから渡された一枚のチラシには・・・

大阪府の私立高等学校・専修学校等の授業料軽減補助金が”改悪”された実態が記述されていました。

私が署名をしていると,署名台を持った男子学生さんが,


「私学助成が大幅削減されて,進学をあきらる子供達がいるんです。
何とか・・・してあげたいんです。
有り難うございます・・ありがとうございます」

まだ,少しニキビが目につく真面目そうな学生さん。
私が署名するボールペンをじっと見つめながら,
一生懸命語りかけてくれました。

夕方の6時頃,ちょうど学校が終わってそのまま駅に来たようなタイミング・・・
男女7人くらいで,真剣に署名活動されている姿を見て,
私はその学生さん達の純粋な”奉仕の精神”に,何だか感動してしまいました。

そして,その学生さん達を見て,以前勤めていた会社の社長の言葉を思い出しました。

さて,今日聴いていただきたいBGM。
昨日の岡崎倫典さんの『雲の上の小さな島』で”倫典ファン”になった私からの推薦曲。
岡崎倫典さんの『雲の上の散歩』。プロフィール紹介時のBGMで使えますね。






私は,今の情報システムの仕事をする前は,
住宅販売の営業を8年ほどやっていました。
個人のお客様に,新築の注文建築や,中古物件の仲介が主な仕事です。

職人さん
私が勤めていた住宅販売会社の社長は,昔札付きの問題学生だったそうです。

悪い事は一通り全部やった・・・

元々現場の土方仕事をしていた社長は,新築戸建ての建築現場で分譲業者の社長と親しくなり,
住宅建築現場の職人から,住宅販売の営業マンへ転身することに。

そこから,今では伝説になっている驚異の販売実績を打ち立てて行かれました。

「俺は自分の息子には,真剣に営業の仕事をやらせたい。
数字からは絶対逃げられないし,
自分をごまかせない世界だから」

営業という仕事のすばらしさに目覚めた社長の言葉です。
そう,数字はウソをつきませんね。

ノルマ達成できなかったことを,いくら言い訳しても
ノルマ達成している営業マンの前では・・・惨めなだけです。

販売実績,ダントツNo1の実績の裏で,
数字から逃げずに,”弱い自分”と戦い続けた結果,今の社長があるのだと思います。


頑張る営業マン



そんな社長が,伸び悩む会社の業績に考え込まれるシーンを
何度となく,見かけるようになりました。

私も,営業マンの一人でしたので,責任を感じていました。
そしてある日,社長が私にボソッと・・・次のように話しかけられました。
お金もうけが目的ではない
「あのな,俺思うんやけど・・・
パン屋さんは,朝早く起きておいしいパン焼いて,安い金額で買ってもらえるように頑張るよな。
それが仕事やから・・・
だから,その対価でスーパーで欲しいもの買えるんや。


スーパーは,少しでも新鮮で安く食材を仕入れて,品数そろえて他店より1円でも安く頑張るよな。
それが仕事やし・・・
だから,その対価で欲しいもの買える。

みんな何か人の為になることをするから,欲しいモノを手に入れることができる。

俺は今,欲しいモノ手に入れる事ができてないということは,
人の為になっていない・・・ということやろな・・・

何が足りないのかな・・・」

追客中のお客様のことでも聞かれるのかな,と思っていたら
意外な話をしてきました。

でも,即答できませんでした・・・

売り上げが上がらない理由は,いろいろ思いつくのですが,
しかし,どれもそのときの社長が納得する答えで無いような気がしました。

何か人の為になることをするから,欲しいモノを手に入れることができる

冒頭の署名活動をする学生達のような,”人”に対する気持ちを持った集団は
間違いなく,何をやっても認められ,喜ばれ,結果商売は繁盛する。

そういう気分が,私たちには不足していたのは事実だと思いました。
                  ・
                  ・
                  ・
私は,結婚披露宴でたくさんのゲストのスピーチを聴いてきましたが,
皆さんが若いお二人に言いたいことの大半は,

「何か人の為になることをするから,欲しいモノを手に入れることができる」

これを言われているように思うんです。

ボソッと呟いた,TOP営業マンだった社長の言葉。
無私の精神で頑張る学生達をみて,ふっと懐かしく思い出しました。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: プロフィール紹介, 仲居 一平の独り言 タグ: , パーマリンク

人の為になるということ への5件のフィードバック

  1. tetsuya のコメント:

    仲居さん こんばんは

    その言葉にたどり着いた社長さんはやはり素晴らしい社長さんだと思います。

    そこに気づけない人が多いんじゃないでしょうか・・・

    私のコメントに頂いた言葉・・・
    「動機が善で,私心がなければ必ず成功する」
    これってやっぱり人のためですよね。

    どんな仕事でも働くこと自体が社会貢献だと思うんです。
    誰のためになっているのか?それは目の前の人だったり、あるいは遥か遠い海の向こうにいる人のためってこともあるだろうし・・・大切なのはその想いですよね。

    それにしても仲居さんの凄いところは私が細かい話をしていないにもかかわらず、私の思いをすべてを理解されているところです(苦笑)

    今後ともよろしくお願いします。

  2. Masa のコメント:

    イッペイさん、ご無沙汰でした。ブログにはちょくちょくお邪魔しているのですが、ROM状態...。

    この話、感動しました。実は私、最近同じような話をある本で読み同様に感動したばかり。

    褒美は、人のために尽くすことの対価。お金儲けのためだけにビジネスをしている人は必ず失敗する。ビジネスは社会貢献のためにある。

    当たり前のことですが、本当に理解するのは難しいことだと思います。

    ますますのご活躍、期待しております。

    今後ともおろしくお願いいたします。

  3. 仲居一平 のコメント:

    Tetsuyaさん,コメント有り難うございます。

    そうですね,もう10年以上前の話ですが,今でも鮮明に覚えています。
    その社長・・・本当にやんちゃなんですね(笑)。

    学校中退して,現場仕事でくすぶっていたのを,住宅販売の社長に引っ張り上げられる・・・

    そのときに,既に何か光るモノがあったのでしょうね。

    目先の売り上げももちろん大事です。
    でも,いつまで経っても自転車操業という状態をいかに抜け出るか,そんな発想で常におられたんだと思います。

    「人の為にならないと事業じゃあない,そんなもん自己満足や」

    いつも言ってました。
    ですので,お客様との約束をやぶったりすると,底が抜ける程怒られました。

    訪問時間を10分遅れたりしてもです。

    力を入れないと行けないポイントってあると思うんですね。
    Tetsuyaさんは,もう感じておられるかとおもいます。
    サービス業で何が一番大切なのか・・・

    明確ですよね。

    おそらくTetsuyaさんのお考とおりやれば,絶対ぶれないとおもいます。

    が,悲しいことに私たちは自営でやっている訳ではないので,
    そこは,うまいことやっていかないといけません。

    あまりに理不尽なことを強要されるのであれば,決心しないといけませんが。

    言っている会社の社長や上司も,本当にサービスに大切なモノは・・・って知っていると思います。

    が,数字の前には理想をさやに収めざるをえないって思っているのかもしれませんね。

    現場の意見や,お客様の生の声から遠ざかったところにいる管理職に,現場の声を届ける役割の方が,絶対必要だと思います。

    その間に立つと,しんどいですが(笑)

    誰かがやらないと,管理職の考えが変わらないと,職場はよくならないですね。

    Tetsuyaさん,無茶しないでくださいよ(笑)
    Tetsuyaさんが,今の会社で身につけたいと予定しているスキルに達するまで,我慢してください。

    それまでは,お金もらって勉強させていただきましょう(笑)

    今の私も,こんな感じです。

    よろしくです♪

  4. 仲居 一平 のコメント:

    masaさん!
    ご無沙汰です。うれしいです。

    一瞬立ち上げられた,例のサイトにばかり行ってましたが・・(笑)
    更新されていなかったので,本業が忙しく,それどころではないのかなと,勝手に想像しておりました。

    ヤロのブログは,今でも見ています。
    8割方英語なので,意味がわかりませんが(泣)

    でも,ブログ画面から感じられるヤロの意志というか,闘志というか・・・きちっとやっているという実績だけ,見させていただいています。

    そして,自分のこれからの”何かに”役立たないか・・・
    真剣に考えています。

    masaさんにはいろいろお話をしたいと考えていました。

    違うブログサイトを立ち上げておられますね。
    masaさんの日常ですね(笑)。

    本業と,副業の両立,大変だと思いますが,
    私もそこをまず目指しています。

    ”やりたいことが本業”

    そう言えるように,地道に準備をして行きたいとかんがえています。

    また,遊びに来てください。

    よろしくです♪

  5. Masa のコメント:

    一平さん、ども。Masaです。

    ヤロとの話、消えたわけではありませんので、ご安心ください。

    機が熟せばいっしょにやろうという話になっています。まだ時期尚早なんですよね。

    アメリカの情報を日本の方々にお届けするために起業しました。アメリカには、まだまだ日本に見えていないすばらしい情報が山のようにあります。それを日本の方々に紹介したい。

    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です