披露宴は迷惑な慣習なのか?

結婚披露宴「新婦のブーケトス」「ブーケトスは人権侵害!?」

こんな記事を見かけました。
内容を要約しますと・・・

未婚女性限定で行われるブーケトスの演出は未婚女性にとって失礼!

嫌がっている未婚女性を無理やり引っ張り出してさらし者にするのは人権侵害!

ブーケトスは結婚は素晴らしいという価値の押し付けであり、結婚原理主義の象徴だ!

この記事は,結婚情報誌『ゼクシィ』のライター&エディターとしてご活躍の粂 美奈子(くめ みなこ)さんが書かれた,All Aboutの『披露宴は迷惑な慣習なのか?』の中で紹介されていました。


粂 美奈子さんも,「ちょっと言い過ぎでは」とのコメントです。
まあ,極端な意見だと思いますが・・・

結婚披露宴のPAを通じてブライダルの仕事に少しでも触れるようになると,披露宴を挙げることが,”当たり前に素晴らしいこと”のように思えるようになってきます。

しかし結婚披露宴をおこなうことが,

「当たり前のように素晴らしい」ことなのか,
「素晴らしいという価値の押し付け」なのかは・・・

お二人の披露宴に対する考え方一つで決まってくるものだと思います。

何度もお話してきましたが・・・
改めて「披露宴をおこなう理由」って何なのでしょう?

もうおわかりですよね。

結婚して所帯を持つことが,大人として人生のスタートラインに立つということ。
そのスタートラインから・・・

元気に今まで育ててくれた両親・親族への感謝の気持と,
友人として気にかけてくれた仲間への感謝の気持ちと,
これからお世話になる,会社の皆様への意気込みを・・・

一度に,面と向かって,心をこめて伝える。
その為の「披露宴」だと思うんです。
もちろん,「一目子供・孫の晴れ姿を見たい」というご両親,祖父母様への”親孝行”という意味も充分あります。

結婚披露宴でまとめて皆さんにご挨拶することで、
その後毎週土日をつぶして二人そろって挨拶周りもする必要がありませんしね(笑)。
新婦と新婦のお母さんとのラストバイト
しかし、じゃあ・・・披露宴を行うことが良くて、行わないのはダメなのか?

そんなことは言えませんね。

「披露宴をやって、お互い親族の初顔合わせの挨拶を済ませて安心させてあげたいし、お世話になった皆さんにもきちっと報告したい」
という考えも正解。

「新婚旅行の先で二人だけの挙式をあげて、写真いっぱい撮って終わり。お金はこれからの二人の生活の為に使う」
という考えも正解。

要は、お互いの気持ちとお互いのご両親の気持ちを尊重して、話し合って決めればいいんだと思います。


自分達は”やりたくない”と思っても、どうしても親が、

「親戚の手前、ちゃんとやって欲しい」

となれば、お互いの家族だけの小さな披露宴(食事会)でもいいかと思います。

ただ、これだけは良くないな・・・と思うのが、

「えっ、何で私が呼ばれるの??」

粂 美奈子さんもおっしゃていますが、

知り合い程度の人から数合わせで呼ばれたり・・・
仕事関係者からの招待で仕方なく出席・・・

といった経験のある人が、少なからずいるようです。
そう思うと、めんどくさくなりますね・・・確かに。

本当に呼びたいお知り合いだけで、充分だと思うんです。
数のバランスが悪くても・・・

そして、そんな招待を受けてしまうと

「3万円のご祝儀を払い、交通費やヘアメイク代、衣装代をかけたうえに、なにが悲しくてまずい料理を食べ、下らないスピーチや余興を見させられ、欲しくもない引出物をもらい、時間を無駄にしなければならないのか」

こんな辛口の意見も、生まれてきてしまう訳ですね・・・

新郎新婦のご入場
しかし、私はたくさんの感動的な披露宴を見てきて思いますのは・・・

ゲストの皆さんに、一生懸命お礼の挨拶をされている新郎新婦さんや、

ゲストの皆さんから祝福の言葉や楽しい余興を受け、最後に感動して言葉に詰まられている新郎さん、

そして、新婦のお手紙に感極まって涙ぐまれているご両親の横顔、

そういう風景を見るにつけ、
一生忘れない思い出になっていくんだろうな・・・

そして、その思い出が二人をやさしく励まし続けることになるんだろうな・・・
そう思うんですね。


大人になって、できれば思い出したくない思い出ばかりが目立つ中で(笑)・・・
何時でも思い返して、笑顔になれる思い出って・・・皆さんいくつお持ちですか?

「結婚披露宴の前は、準備でくたくたで・・・
もう早く終わってくれないかな」

なんて考えていたカップルが、終わって聞いてみると

「こんなに楽しくて、感動してしまうとは思ってもみなかった!」

そんなご意見になるケースが大変多いと、粂 美奈子さんは言われています。
幸せなカップルだと思います。


披露宴の最後、新郎のご挨拶で、マイクを離して

「ありがとうございました!
これからも宜しくお願いします!!」

大きな声で、感激して深々と頭を下げられている・・・

こういった風景を何度も見るにつけ、
これから生きていく上で、とても大切な”何か”を得られた・・・
そんな実感に、うらやましい気持ちになります。


キャンドルリレー


なお、文中で使用させていただいた写真は、funamyuさんが運営されるSAILIN’ SHOESというブログの『α900で結婚式』という記事から使わせていただきました。
funamyuさん、素晴らしい写真、ありがとうございます。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 仲居 一平の独り言 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です