新郎新婦に背を向ける・・・おばあちゃん

今日は,披露宴会場で見かけた・・・ちょっと残念なお話です。

なお,今日のBGMは「新婦のお手紙朗読」に使った,Mariah Careyの『Through The Rain』。
巻末の日本語対訳を理解しながら,試聴してみてください。



Mariah Carey(マライア・キャリー)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『スルー・ザ・レイン』
  • アーティスト名:Mariah Carey(マライア・キャリー)
  • 今回の推薦BGM:『Through The Rain(スルー・ザ・レイン)』
  • 『Through The Rain(スルー・ザ・レイン)』の日本語訳は巻末を参照してください
  • 『Mariah Carey(マライア・キャリー)』公式サイト



PAの操作卓は,新郎のご親族が座られるテーブルのすぐ横にあります。

ですので,新郎のお父様のハラハラドキドキ感や,
お母様のそわそわ感が・・・よく伝わってきます。

今日は、その新郎親族卓におばあちゃん、おじいちゃんも仲良く並んでご参加されていました。
年でいうと・・・どうでしょう。もう80歳に手が届くかどうか・・・
そんな感じでした。

なんとなく、お母様のご両親かな・・・そんな雰囲気でした。

さて、いよいよ新郎新婦のご入場です。
華やかな衣装で颯爽と登場されました。
そして、メインテーブルに向かってゆっくり歩まれます。

・・・ところが、おばあちゃん・・・
ずーっと下を向いています。

ゲストの皆さん全員、お二人を目で追いかけて、写真を撮ったり、拍手したり・・・
でも、おばあちゃんは膝の上に両手を乗せて、指をもじもじしているばかり・・・

「あれっ、どうしたんだろうな」

真横の席なので、余計に目に入ってしまい、
気になって仕方がありませんでした。

そして、披露宴の進行が進み、お二人のお色直し再入場でした。
各卓を回りながら、記念写真を撮っていきます。

真っ先に新郎親族テーブルへ。
皆さんで写真をとったあと、新郎新婦に注目していると・・・
おばあちゃん、おじいちゃんに、何も声をかけずに次のテーブルへ。

「何か、サプライズプレゼントでもしてあげるのかな」

そう思っていましたが、特に触れることもなく・・・
披露宴は進行していきました。

終盤、デザートビュッフェのときでした。
おじいちゃんは、隣の親族席に椅子を持っていき、皆さんとお酒を飲んで楽しそうでした。

しかしおばあちゃんは・・・

急にカーディガンを着て、引き出物を持ち、帰ろうとしていました。
あわてて隣の親族のおばちゃんが、引きとめに入り・・・
また、しょぼんとした表情で、カーディガンを着たまま、引き出物を両手に握ったまま・・・
元の席にお座りになられました。

おばあちゃん
結局、最後のエンディングも、ずーっと下を向いたまま。

新郎のご両親が、立礼のために席を立たれているのでポカーンとさびしい親族席で、寂しそう座っておられました。

お孫さんの結婚披露宴。
どんな思いでご参加されたのでしょう。


私の母は今年76歳。
上の娘は高校1年生ですので、せめて娘の結婚式までは頑張って欲しいと思っています。

母も、口に出しては言いませんが、
そうなれば良いのにな・・・ときっと考えていると思います。

孫の結婚式におじいちゃん、おばあちゃんが揃って参加する。
素晴らしいことだと思うんですね。

人様のご家族のことなので、差し出がましい話かもしれません。
本当は、常日頃からおばあちゃん孝行をされているので、改まって・・・という感じなのかもしれません。

でも、おばあちゃんの表情を見ていると、

「もう少しお声がけでもしてあげればな・・・」

そんな気持ちがこみ上げて来ました。
遠方から来られたのだと思うんですね。
すごい体力を使って。

おばあちゃんにとって、今日はどんな一日になったのでしょうか。
                        ・
                        ・
                        ・
※文中で使わせていただきました、「おばあちゃん」の写真は、全く本文とは関係ありません。
表情がとても今回のおばあちゃんに似ていて素敵だったので、つい使わせていただきました。

また、今回の「新婦お手紙朗読」シーンで使った、Mariah Carey(マライア・キャリー)の『Through The Rain』。
日本語訳が見つからなかったので、私が対訳いたしました。
何時もながらの、異訳ですが・・・ご参考にしてください。
ため息が出るほど、素晴らしいバラードです。

Mariah Carey(マライア・キャリー)『Through The Rain』の日本語訳

When you get caught in the rain
With nowhere to run
When you’re distraught and in pain 
Without anyone
When you keep crying out to be saved
But nobody comes
And you feel so far away
That you just can’t find your way home
You can get there alone
It’s ok
Won’t you say

あなたが雨の中、
どこへも行く場所が無い時・・・
あなたがおかしくなりそうなくらいの痛みを覚えても、
誰もあなたの側にいないとわかった時・・・
泣き続けて、その場から助け出してほしいと思っても、
本当に・・・誰も来てくれない時・・・
あなたが思う”暖かい安らぎ”には程遠く感じ、
どうしたらそれにたどり着けるのか、わからなくなってしまった時・・・
・・・あなたなら一人で、つかみ取れる
大丈夫
何も言わないで


I can make it through the rain
I can stand up once again 
On my own and I know
That I’m strong enough to mend 
And every time I feel afraid 
I hold tighter to my faith
And I live one more day
And I make it through the rain


私はこの雨に負けたりしない
もう一度、私は立ち上がる
自分の力で。そして私には分かる
私には、立ち直ることができるだけの強さが備わっているということを
そして、何か恐れを感じることがあっても
私が正しいと思う信念を抱き続ける
そして一日一日を大切に生きる
だから・・・この雨を乗り越えていける

And if you keep falling down
Don’t you dare give in
You will arise safe and sound
So keep pressing on steadfastly
And you’ll find what you need
To prevail
Won’t you say

たとえあなたが、不幸な境遇で苦しんでいるとしても
そのままじっとしていないで
あなたならきっと、力強く立ち上がることができるはず
だから、そのまま耐えて
あなたならきっと、必要なものを見つけることができるから
人々を見返す為に
だから、何も言わないで

※繰り返し

And when the wind blows
And shadows grow close
Don’t be afraid
There’s nothing you can’t face
And should they tell you 
You’ll never pull through
Don’t hesitate
Stand tall and say

風が吹き付ける時も
空の陰が暗く大きくなってきても
怖がらないで
あなたが向き合えない事なんて何も無いから
彼らにこんな事を言わせていいの?
「君には無理だ」って
胸を張って
真っ直ぐ立ちあがって、そして言うのよ

※繰り返し

I can make it through the rain
And stand up once again
And I live one more day and I
I can make it through the rain
Oh yes, you can 
You’re gonna make it through the…
Rain…

私はこの雨に負けたりしない
もう一度、私は立ち上がる
そして一日一日・・・積み重ねていく
雨降りにくじけやしない
そう!あなたならできる
あなたならきっと、この雨を・・・乗り越えられる

Translated by 仲居 一平

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 仲居 一平の独り言, 新婦お手紙朗読 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です