主賓挨拶「最後の切り札は”ご両親に相談”」

夫婦喧嘩

先日の披露宴で、心温まる主賓様のスピーチがありました。

新郎の会社の上司。
ご結婚されて早20年・・・その経験を生かしてのアドバイスでした。

「夫婦喧嘩」をしたときの究極の仲直り策を伝授されました(笑)。
以下に、そのままご紹介させていただきます。

「A君、ご結婚おめでとう。

参考になるかどうかわかりませんが・・・夫婦生活を少し先に経験している先輩としてアドバイスさせていただきます。

これは、ちょうど私が結婚10年目の頃、実際あった話です。
今でもはっきり覚えているくらい、家内と喧嘩をした時の話です。

その夜はいつものように会社の同僚たちと一杯飲んで帰宅しました。
しばらくして家内の様子が少し違うことに気がつきました。

何か怒っているような・・・
まったく口を聞かない家内に戸惑いましたが、疲れていたし、多少酔っ払っていたこともあり
気にせずにいました。

が、次の日も、またその次の日も・・・
家内の機嫌がいっこうに元に戻りません。

私が言うのもなんですが、うちの家内はどちらかというとサッパリとした性格です。
”竹を割ったような”性格に、男友達のような”ノリ”で付き合うことができる、稀少なやつだと思っていました。

そんなやつなので、今までどんなに喧嘩をしても2日も3日も引きずることはありませんでしたから・・・
いつもと全く違う家内の様子に、私もだんだん不安になってきました。

『何をしたのだろう・・・オレ??』

おそらく酔っ払ったときに、家内の逆鱗に触れる不用意な言葉を吐いてしまったのだと思います。
しかし、全く口を開こうとしない家内になすすべがなく・・・頭を抱え込んでしまいました。

2週間ほどたって、家内の機嫌が戻らないことから・・・さすがに”手”を打とうと必死に考えた結果、
行き着いた結論が、

『家内の両親に相談しよう』

でした。
今から考えると、まずありえない手段だと思いますが(笑)。
私の恥ずかしい”失敗”を、相手の親に披露することになるんですからね。

しかし、そのときは・・・親に謝って相談してみるという選択枝しか思いつきませんでした。
というか、そこまで追い込まれて切羽詰っていたのだと思います・・・私自身が(笑)。

会社からご両親に電話をかけて、その夜すぐ会っていただくことになりました。
もうこうなったら頭を下げて、包み隠さずすべてを打ち明けて協力していただこうと覚悟を決めて近況を話しました。
                        ・
                        ・
                        ・
そして、次の日。
帰宅したとき居たのは・・・いつもどおりの家内でした。
何事もなかったかのように、いつもの家内がいてくれました(笑)。

重苦しい気分が一気に晴れて、ほっと胸をなでおろしたのを今でも覚えています。
どういう話をご両親から家内にしてくれたのか・・・知る由もありませんが(笑)

しかし、いつもの生活に戻れることの安堵感と、
私が逆立ちしてもどうすることもできなかった家内の気持ちを、たった一晩で元に戻していただけた、”親の力”の大きさに・・・
改めていろんなことを考えさせられました。

何で家内を傷つけてしまったのかは、あえてここでは触れないようにしますが、
私がA君たち夫婦に言いたいことは、

私と家内との歴史は10年。しかし家内と家内の両親との歴史は35年。

どれだけ逆立ちしても、親と子の絆の深さに勝てるものはありません。
ですから、今こうしてお互いのご両親、ご両家の親族の皆様が一同に会して二人の門出を祝福してくれています。
心強い味方が増えたと思って、安心して日々の生活を送っていけばいいと思います。

ただ・・・相手のご両親に相談というのは、後にも先にもこの一回だけです。
一生で一度だけしか使えない切り札だと思ってくださいね(笑)」

仲直り弁当


当時困られた主賓様の様子が、よく伝わって会場は微笑ましく和やかな雰囲気になる主賓様のスピーチでした。

結婚10年目にして、相手のご両親にご相談というのは・・・よほどのことだったのでしょうね(笑)。
しかし、「何とかしないと」という夫婦の絆を大切にする気持ちがあったからこそ、恥を忍んでの”ご相談”だったのだと思うとやはり、私にしてみれば・・・頭の下がる思いです(泣)。

一生に一度しか使えない取って置きの切り札・・・
できれば切りたくはありませんけどね(笑)。

尚、文中で使わせていただいた楽しいお弁当の写真は、やぎ子さんの『それでも私は飯を炊く』から拝借させていただきました。
やぎ子さん、ありがとうございました。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 心に残るスピーチ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です