Coldplayの『Viva La Vida』をブーケセレモニーで使う

結婚式・披露宴に欠かせないBGMとその使うシーンを,洋楽・邦楽問わずご紹介します。

今回は,新郎が「式」でのご入場時にColdplayの『Viva La Vida』で登場されました。
全世界売り上げ3300万枚以上!前作『 X & Y 』(05年発表)は全米、全英を含む世界31カ国でナンバー・ワンを記録。その『 X & Y 』より3年ぶりの新作が,このアルバム『Viva La Vida』。
Viva La Vida 「人生万歳」という意味のスペイン語だそうです。聖書からのエピソードがふんだんに盛り込まれた壮大な歌詞。
なかなか,渋かったですね(笑)。


ColdplayColdplay

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『美しき生命』
  • アーティスト名:Coldplay
  • 今回の推薦BGM:『Viva La Vida(美しい生命)』
  • Coldplayの『Viva La Vida(美しい生命)』の日本語訳は,巻末につけています。
  • 『Coldplay』公式サイト

ピンク色のバラ(ブーケ)
先日の「結婚式」での新郎入場曲として,ご指定いただいた曲です。
ちょうど,ブーケセレモニーでのご入場でした。

ブーケセレモニーというのは,昔話が由来ですね。


その昔、結婚式の朝・・・
新郎が愛する花嫁のために、 野に咲いた花を摘んで歩きながら 教会に向かいます。
そして教会で新郎が花嫁に捧げたものが,ブーケの由来と古くから言い伝えられています。

そして、花嫁がその中の一輪を抜いて 愛を受け入れた証として
相手の男性に返して胸に挿したものが ,ブートニアと言い伝えられています。

ブーケセレモニーは,その昔話をそのまま式で再現させる演出のことですね。

当式場は,広い天然芝のブリティッシュガーデンが”売り”ですので,
天気がよく気候が穏やかな今頃の季節になると,「式」をガーデンで行います。

ガーデン真ん中に設置されたバージンロードを挟んで,ご両家のご親族とゲストが立ち並ぶ中,
このColdplayの『Viva La Vida(美しい生命)』をバックに,新郎がガーデンに登場されます。

そして,バージンロード脇におられるゲストお一人お一人から,野に咲く花を一輪ずつ手渡ししてもらうイメージでバージンロードをゆっくり進んで行かれます。
そして,正面台まで進まれた新郎は,プランナーさんに手伝ってもらいながら,ゲストから集めた花束を,世界に1つしかないブーケに仕上げていきます。

そして,できあがったブーケを持って新婦の入場を待つ・・・

ここまでColdplayの『Viva La Vida(美しい生命)』を流して,ゆっくりフェードアウトさせます。
そして,次の新婦の入場曲に切り替えます。

ちなみに,次の新婦の入場曲はJourney(ジャーニー)の『Open Arms』でした。

お父様のエスコートで(通常は)入場された新婦に対して,手に持っているブーケを手渡しプロポーズをします。
そして,新婦はOKであればそのブーケから一輪抜き出して,新郎の胸ポケットに差し入れて婚約完了となります。
これが,ブーケ,ブートニアを使ったブーケセレモニーです。
                       ・
                       ・
                       ・
今回の指定BGMであるColdplayの『Viva La Vida(美しい生命)』。
iPodのCMでも使われていましたね。

さて,歌詞の内容です。
聖書に関連する言葉が出てきて,ちょっと難解なんですね。
いろいろ調べて見ましたが,jskywalkさんが運営されている『今日も晴れの日!』というブログに細かく時代背景が書かれていました。

曲に出てくる「私」とは,一体誰なのでしょうか?

歌の時代は中世ヨーロッパ。
イスラム教徒に占領されていた聖地「エルサレム」を奪回すべく十字軍を率いて遠征した,神聖ローマ皇帝「フリードリヒ2世」が主人公ではないかとjskywalkさんは推察されています。
平和主義者の「フリードリヒ2世」。しかし当時ローマ世界の象徴である「ローマ教皇」に背教者のレッテルを貼られ苦渋の人生を歩む・・・。

かつて私は世界を支配していた
私がそう言えば海の水は世界にあふれた
今では、朝には、ひとり惰眠をむさぼり
かつては自分のものだった道を掃除する

私は・・・と我が人生を振り返っているのが,神聖ローマ皇帝「フリードリヒ2世」かもしれない・・ということですね。

ローマ教皇が命令する”聖地エルサレムの強行奪取”と,
「私」であるフリードリヒ2世が希望する”イスラム教世界との平和理での和平工作”と。

苦しい葛藤の後,志半ばで挫折した「私」は,全てを失うことになります。
しかし静かで穏やかな「時」を同時に得ることになります。
皇帝であったころには見えなかったことが,今はっきりと理解できるようになる。
駆け足で上り詰めた「皇帝」という地位には,もうなんの未練もない・・・

こんな英雄の心境を歌にしたのだと思うんですね。

結婚披露宴で流す曲としての判断は,いろいろあるかと思いますが,
人間味溢れる神聖ローマ皇帝「フリードリヒ2世」の賛歌だと思えば,全く問題はないかと思います。

ただ,コマーシャルソングだっただけにゲストの皆様の耳朶に残っているフレーズだと思いますし,
雄大な曲調は,「式」でも十分使えると思います。

一度試聴して見て下さい。

尚,Coldplayの『Viva La Vida(美しい生命)』の日本語訳は,「ビートルズ大好き2007」さんが運営される『lyrics and music 洋楽で英語を楽しむ』に素晴らしい和訳がありましたので,引用させていただきました。
「ビートルズ大好き2007」さん,有り難うございます。

Coldplayの『Viva La Vida(美しい生命)』日本語訳

I used to rule the world
Seas would rise when I gave the word
Now in the morning I sleep alone
Sweep the streets I used to own

かつて私は世界を支配していた
私がそう言えば海の水は世界にあふれた
今では、朝には、ひとり惰眠をむさぼり
かつては自分のものだった道を掃除する

I used to roll the dice
Feel the fear in my enemy’s eyes
Listen as the crowd would sing:
“Now the old king is dead! Long live the king!”

以前はよくサイコロを転がしたものだ
敵の目に浮かぶ恐怖を常に感じていた
群集が歌うのをよく聞いたものだ
「王は死んだ! 新しい王よ万歳!」と

One minute I held the key
Next the walls were closed on me
And I discovered that my castles stand
Upon pillars of salt and pillars of sand

鍵を手に入れた瞬間、
周囲の壁が迫り
私は悟った
自分の城は塩の柱と
砂の柱の上に建っていたのだと

I hear Jerusalem bells a ringing
Roman Cavalry choirs are singing
Be my mirror my sword and shield
My missionaries in a foreign field
For some reason I can’t explain
Once you go there was never, never an honest word
That was when I ruled the world

エルサレムの鐘が鳴るのが聞こえる
ローマ軍の騎兵たちが聖歌を歌っている
私を映す鏡になれ、私の剣にそして盾になれ
我が宣教師たちは異国の荒野にいる
それは私には説明のつかない理由のためだ
そのころは正直に語られることはなかった
それは私が世界を支配していたときのことだ

It was the wicked and wild wind
Blew down the doors to let me in.
Shattered windows and the sound of drums
People couldn’t believe what I’d become

邪悪で荒ぶる風が
私を招き入れるためにドアを吹き飛ばした
打ち壊された窓とドラムの音
人々は私がどうなるのか
思いもよらなかった

Revolutionaries wait
For my head on a silver plate
Just a puppet on a lonely string
Oh who would ever want to be king?

革命家たちが待つのは
銀の皿のうえに載せられた私の首だ
たった一本の糸で吊られたあやつり人形
王になりたい者などいやしない

I hear Jerusalem bells a ringing
Roman Cavalry choirs are singing
Be my mirror my sword and shield
My missionaries in a foreign field
For some reason I can’t explain
I know Saint Peter won’t call my name
Never an honest word
But that was when I ruled the world

ooooo ooooo ooooo oooooo ooooo
(repeat with chorus)

エルサレムの鐘が鳴るのを聞け
ローマ軍の騎兵たちが聖歌を歌っている
私の鏡になれ、私の剣にそして盾になれ
我が宣教師たちは異国の荒野にいる
それは私には説明のつかない理由のため
私は知っている
聖ペトロが私の名を呼ばず
決して正直に言わないことを
だがそれは私が
世界を支配していたときのことだったのだ

少しでもお役に立てれば,うれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 新郎入場 タグ: , , , , パーマリンク

Coldplayの『Viva La Vida』をブーケセレモニーで使う への5件のフィードバック

  1. sasa のコメント:

    仲居 一平様

    はじめまして。
    私は今年の8月に結婚式を挙げるsasaと申します。
    仲居さんのweb siteを発見してから、式で使う音楽CDを大量に購入して通勤の時に聞いています。
    そこで仲居さんに相談があります。

    人前式で式を行うのですが、
    新婦入場でCeltic WomanのNella Fantasiaを使用する場合、新郎入場ではColdplayのViva La VidaよりもJim BrickmanのLove of My Lifeの方がしっくりくるでしょうか?
    また、お色直しの再入場でMinmiのアベマリアを使った場合、その後に続く曲としては何がピッタリ来るでしょうか?
    キャンドルサービスなどをする場合、3曲ほど選ぶ必要があるようですが、アベマリアの後につなげる曲で悩んでいます。

    また、予算が許せばリアルタイムエンドロールもやりたいと思っているのですが、マライア・キャリーのWhenever You Callはしっくりきますでしょうか?
    曲は4分20秒とやや短いのですが、大丈夫でしょうか?

    本当は、我々の担当のプランナーに相談するのが一番いいと思うのですが、担当者の推薦の曲は結婚式に使われる典型的な曲であまりセンスが無いと思ったので、センスのいい仲居さんにご相談させて頂きました。
    まだその他にも、演出などに関して、ご相談させて頂くかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 仲居 一平 のコメント:

    sasaさん

    ご回答遅くなり,申し訳ありません。

    また,私の「結婚披露宴の演出Blog」を参照していただき,うれしいです。
    有り難うございます。

    さて,質問にお答えいたします。

    > 新婦入場でCeltic WomanのNella Fantasiaを使用する場合、新郎入場ではColdplayのViva >La VidaよりもJim BrickmanのLove of My Lifeの方がしっくりくるでしょうか?

    Celtic WomanのNella Fantasiaで新婦様がご入場されるということは,その前に新郎様がご入場されると思うんですね。

    その時のBGMですね。
    『Viva La Vida』も『Love of My Life』も,結婚披露宴の初っぱなのBGMとしては申し分ないと思います。

    Celtic WomanのNella Fantasiaとの相性としても,どちらも合います(笑)。

    新郎さんはどんな登場の仕方をされますか?
    ブーケセレモニーはされるのでしょうか?
    それか,普通に登場されたあと,新婦を待つ・・・基本的なパターンでの入場ですか?

    もしブーケセレモニー等無く,そのまま直進するだけの登場であれば
    新郎の入場シーンって,意外とあっけなく終わるんですね。
    新郎も緊張されていますから,早足で歩かれますからね(笑)。

    その場合,『Viva La Vida』にすると,前奏が長く,サビがなかなか来ないので
    意外と盛り上がらないうちにフェードアウトさせないといけなくなります。

    となると,基本パターンでの登場であれば・・・『Love of My Life』のほうがインパクトがあると思います。

    ブーケセレモニーなどで登場なら,どちらでもOKだと思います。

    > また、お色直しの再入場でMinmiのアベマリアを使った場合、その後に続く曲としては何がピッタ
    >リ来るでしょうか?
    > キャンドルサービスなどをする場合、3曲ほど選ぶ必要があるようですが、アベマリアの後につな
    >げる曲で悩んでいます。

    Minmiのアベマリア。良い選択ですね。
    スローで始まって,途中でアップテンポに転調しますね。
    あの切り替わりが,インパクトがあってナイスです♪

    さて,その次ですね・・・

    でも,sasaさん,山ほど有りますが(笑)。
    Minmiですから,基本邦楽で考えてみましょう。

    ■九州男(くすお)の『1/6000000000 feat.C&K』
    http://besthirouen.com/2009/11/29/kyuusyuuotoko_is_no1/

    ■ケツメイシの『幸せをありがとう』
    http://besthirouen.com/2008/10/03/weddingsong_shiawase/

    ■CHEMISTRY(ケミストリー)の『約束の場所』
    http://besthirouen.com/2009/10/13/wonderfull_stickyricecake/

    ■JUJUの『しあわせが溢れるように』
    http://besthirouen.com/2010/02/25/bouquetpresent_for_all/




    sasaさんのお好みで選ばれては。
    上に上げたようなBGMなら,なんでも合います。

    尚,再入場シーンで曲を探す場合は,

    新郎新婦入場曲/披露宴で流すBGMリスト
    http://besthirouen.com/bgm_lists/reception_start/

    も参照してみてください。

    > また、予算が許せばリアルタイムエンドロールもやりたいと思っているのですが、マライア・キャ
    >リーのWhenever You Callはしっくりきますでしょうか?

    エンドロールのBGMは,基本的な考え方として,アップテンポな感じが合うと思うんですね。
    出てくる映像は,新郎新婦さんのにっこり顔や,ゲスト皆さんの笑顔を取りそろえて映像にしていますよね。

    その笑顔に合わせたBGMとなると,あんまりしっとりのしんみり系は・・・
    ちょっと合わないように思うんです。

    今まで私が見てきて,いいな~って思ったBGMは,

    DVD 上映で使いたい曲/披露宴で流すBGMリスト
    http://besthirouen.com/bgm_lists/dvd_bgm/

    上記のページにて集めています。
    一度,選んで見てください。

    『Whenever You Call』でも,問題はありませんがね・・・
    やはりお色直し再入場時にキャンドルサービスでの登場なら,ぴったりです!

    一度関連サイト確認も改めてしてくださいね。

    また,しっくりこなければメールいただいても結構です。

    8月の結婚披露宴,頑張ってくださいね。
    陰ながら応援しております。

    仲居一平

  3. sasa のコメント:

    仲居様

    sasaです。
    ご連絡ありがとうございます。
    また、返事が大変遅くなって、申し訳ございません。

    今は、平日はもちろんのこと、土日も仕事で忙しくて、式まであと1ヶ
    月ちょっとしかないのに、本当に準備ができるのか、不安です。
    ただし、仲居さんという相談相手がいるだけで、非常に心強いです。

    さて、新郎の入場ではブーケセレモニーをする予定です。
    どちらの曲にするかはもう少し考えてみます。

    Minmiのアベマリアは、PVを見て気に入ったのですが、PVの中でみんな
    が踊っているという繋がりでChris Brownの「Forever」を後に持って
    きても面白いかな、と思っています。

    実は、仲居さんのサイトを見ていると、本当に、これだ!って、ぴたっ
    とはまる曲があるんです。
    例えば、乾杯に使用する予定のBilly JoelのWhere were you (on our
    wedding day)?などは、まさに最適だと思っています。

    エンドロールに関しては、ネットで結婚式のエンディングを探して見る
    と、平井堅とか小田和正とか、しっとり系の曲が多い気がしたのと、映
    画のエンディングのように感動する曲を探していたら、まさにマライア
    ・キャリーのWhenever You Callがふさわしいのではないかと思ったの
    です。

    そこで、仲居さんにお願いがあるのですが、エンドロールにふさわしい
    アップテンポの曲で洋楽のお薦めはありますでしょうか?
    仲居さんのweb siteのお薦めの曲は邦楽中心のため、洋楽でエンドロー
    ルにふさわしい曲がありましたら、教えて頂きたいと思っています。

    また演出に関しても相談させて頂くかと思いますが、どうぞよろしくお
    願いいたします。

  4. 仲居 一平 のコメント:

    sasaさん

    なるほど,DVD上映のBGMって全部邦楽ですね(笑)。
    今言われて気がつきました。

    結構インパクトのある邦楽で流されるケースが多いからでしょうね。
    でも,邦楽でないといけないなんてことはありません。

    Minmiのアベマリアの後にChris Brownの「Forever」・・・
    すばらしい連携ですね!
    ばっちりだと思います。

    さて,エンドロール時に流すアップテンポな洋楽ですね。

    今,思い浮かぶのはBLUEの『THE GIFT』ですね。
    http://besthirouen.com/2008/06/04/weddingsong_gift/

    槇原敬之の原曲を,イギリスの人気グループBLUEが歌っています。
    歌詞が素晴らしいんですね。
    時間も約5分。適度にアップテンポです。

    僕はこの曲をよく,新郎新婦の披露宴入場で流します。
    大好きな曲です。

    あとは,K-Ci & Jojoの『Tell Me It’s Real』
    http://besthirouen.com/2009/03/15/tellmeitsreal/

    この曲も渋い!ひたすら渋いです。
    幸せをかみ締めて,歌い上げるみたいな感じ(笑)。
    4分40秒,大丈夫ですね。

    これもエンドロールにはおかしくありません,使えます。

    あと,ちょっとしっとり系ですが,Westlifeの『Obvious』
    http://besthirouen.com/2008/10/23/westlife_turnaround/

    この曲はよく使います。
    言い歌ですね。皆さんも知っているかた多いのではないでしょうか。

    思い浮かぶ曲はこんな感じでしょうか。
    一度試聴してみてくださいね。

    お仕事大変だと思いますが,なんとか乗りきってくださいね。

    仲居一平

  5. sasa のコメント:

    仲居様

    sasaです。
    ご連絡ありがとうございます。

    BLUEの『THE GIFT』は確かにいい感じですね。
    おそらく実際に使うと思います。
    全体の曲の流れが決まりましたら、またご相談させて下さい。

    それから、他にも相談したいことがあるのですが、時間的に
    何とかなるかも、と思ったら、また連絡しますので、よろしく
    お願いします。

    本当にどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です