もう少し・・もう少し長生きしてくれ!おかん・・・

私事で申し訳ありませんが、2日ほど前に母が手術をしました。
内臓疾患なのですが、原因は長年の働きすぎ・・・です。

私の小学校から高校3年までは、我が家は極貧でした。
父親と別居していたこともあり、私と姉の2人兄弟と母の両親を
一人で面倒を見てくれていました。

早朝にビルの掃除婦にでかけ、朝に帰宅すると普通のOLさんが出勤する
時間に、フルタイムの経理事務の仕事をこなし、ふらふらになって帰宅してからは
掃除洗濯ご飯、その後片付け・・・

今からして思うと、信じられない過酷な毎日だったと思います。

そのうちおばあちゃんの痴呆症が進み、夜の徘徊。
悲壮な顔をして、おばあちゃんの手足を紐で縛っている母の面影が
今も脳裏に焼きついています。

ものすごくしんどいあの時代。
おそらく母は、自分のしたいことなど一切無しにして、

親を最後まで看取る!
子供たちには絶対情けない思いはさせない!

その思いだけで日々すごしていたんだと思います。

今になっても忘れられないことがあります。

母は「おはぎ」が大好物なのですが、ある日私が中学生の頃
学校から帰ってきたときに、食器棚の奥にサランラップでくるんだおはぎを見つけました。
何も考えずパクついてしまったのですが、母が夜帰宅したときに

「おはぎ知らんか」

と聞かれ、「あっ食べてしもた」と言うと、
ため息をついてすごいつらそうな顔をしてうつむいている母の姿がありました。

たまの楽しみだったんですね、そのおはぎを食べることが。
私はそれすらわからず・・・
台所に立っている母の小さな背中を見ながら
それが子供心にすごくショックでした。

「おはぎ食べることくらいしか楽しみはないんやな・・・」

今でも実家に帰るときは、おはぎを買っていくようにしています。
母は「もうええよ」と笑いますが、うれしそうに食べている顔を見るとほっとします。

その母が、74歳にして初めて手術をしました。

麻酔が効いていて、朦朧としている母をみると
「やつれたな・・・」と悲しくなってきました。

おかげさまで手術は成功し、あとは術後の経過を見守るしかない状態です。
これから、母に会いに行ってきます。

仕事などブッチしていきます。

自分の結婚式でも、長年苦労をして育ててくれたあの母の”踏ん張り”に対して
私は何の感謝の言葉もかけませんでした。

めんどくさい儀式のように処理してしまった、自分の結婚式。
本当にだめな新郎でした(笑)。

母が、「おめでとうさん!」と笑いながら背中をぽんとたたいてくれたのを
思い出します。

もう少し・・もう少し長生きしてくれ!おかん・・・

この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 仲居 一平の独り言 タグ: パーマリンク

もう少し・・もう少し長生きしてくれ!おかん・・・ への2件のフィードバック

  1. 東田 ケンゾー のコメント:

    仲居さん、今回のブログでは泣かされてしまいました。
    本当に感動しました。
    お母さんの子育てと仕事との究極の両立、
    本当に頭が下がります。
    そしておはぎの話。
    仕事に浸かりっきりだと忘れてしまう何か、
    それを思い出させていただきました。

    我々の仕事は色々と激務ですが、
    少ない時間でもお母さんとの時間を、
    恩返しの時間を大切にしてくださいね!
    お母さんもきっと仲居さんの心に気づかれるはずです。

    本当に良い記事を書いてくれて
    ありがとうございました!

  2. 仲居 一平 のコメント:

    ケンゾーさん,暖かいコメントありがとうございます。

    今病院から戻ってきました。
    おかげさまで経過は良好のようで,ほっとしております。

    思わず,母の頭を撫でてしまいました(笑)。
    生まれて初めて,母の頭と額を撫でました。

    痛みはまだ少し有るようですが,元気そうで本当に良かったです。

    同じ境遇になったら,果たして私は母のように踏ん張れるだろうか・・・
    とても自信が有りません。

    ケンゾーさんおっしゃるように,残り母と過ごす時間を
    大事にしていきたいと思います。

    ケンゾーさんも新規事業頑張って下さい!

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です