「プロフィール紹介」を押尾コータローのBGMでこだわる

先日の結婚披露宴、新郎新婦が「プロフィール紹介」で指定された音源は、
アコースティックギターの名手、押尾コータローのナンバーでした。

新郎が新婦のプロフィールを紹介し,新婦が新郎のプロフィールをお互い紹介し合う・・
そんな演出でした。

ですので新婦の紹介時のBGM,新郎の紹介時のBGMと,2曲流しました。
2曲とも,押尾コータローの『ボレロ! Be HAPPY LIVE』というライブ版アルバムに収録されています。



押尾コータロー

上記Amazonサイトにて、『Blue Sky』,『Dear…』をはじめ全曲試聴可能です。
一度聞いてみてください。

1968年2月1日生まれ。大阪府出身、アコースティックギタリスト。

・・・押尾コータローをどう表現すればいいのでしょう(笑)。
彼のアコースティックギターの音色を聴いていると,指先から弾き出される「一音一音」に
神が宿っているような・・・

人間技とは思えない音色です。
一人の手によって創り出されている音に聞こえない。

でも,ギター奏法やらテクニックの話で終わらせたく無い・・・
押尾コータローのギターを目をつぶって聴いていると,会話をしているように思えてくるんです。

ギターを仲立ちにして,優しく問いかけている・・・
そんな錯覚に襲われてしまうほど,ギターの音色が濃厚なんですね。

アコースティックギターを志す若者の,今やカリスマ的存在。
夜じっくり彼の曲を聴いていると,全部買いそろえたい衝動に駆られます(笑)。

先日は,押尾コータローの冒頭の2曲を「プロフィール紹介」のシーンでご指定を受けました。

熱い夏が過ぎ,爽やかな秋の風が,晴れ渡った青空を駆け抜けて窓から吹き込んでくるような
そんな秋風のようなBGMが,『Blue Sky』

「郷愁」を感じさせる,なぜか懐かしい気分に浸ってしまう・・・
昔,親父と正月にたこ揚げをした風景や,近所の夏祭り,そして冬の寒い朝太ももをこすりながら
登校した小学校時代。
なぜか昔の想い出が浮かんでくる・・子守歌のような,『Dear…』

以前相田みつをさんの詩の話をさせていただいたとき,押尾コータローの『桜・咲く頃』をご紹介しました。

同じ静かなバラードです。合わせて試聴してみて下さい。

尚,今回の押尾コータローのBGMは他のシーンでは・・・

  • 新婦お手紙朗読のシーン
  • サプライズでしんみりするシーン
  • ご友人のスピーチのBGMとして(静かにそーっと)

あたりでも使えると思います。

ご参考にしてください。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: プロフィール紹介 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です