「夫婦生活は長い会話である」主賓スピーチより

「夫婦生活は長い会話である」。ニーチェの有名な言葉だそうです。
今日の主賓が方が,スピーチされました。
この話のイメージ,Peabo Brysonの『My Heart Belongs to You』を聞きながらご覧下さい。

尚、このPeabo Brysonの『My Heart Belongs to You』は、「式」の新郎の入場曲としても何度か流しました。
Peabo Brysonの雄大な歌声が、新郎の”晴れ舞台の第一歩”を後押ししてくれます。



Peabo BrysonPeabo Bryson

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『Unconditional Love』
  • アーティスト名: Peabo Bryson
  • 今回の推薦BGM:『My Heart Belongs to You』
  • 『Peabo Bryson』関連サイト

「夫婦生活は長い会話である」
この主賓のスピーチに,思わず「その通り」と頷いてしまいました。
と同時に・・・耳が痛かったです。

これから,楽しい新婚生活が始まる時に,この言葉の重さは
新郎新婦にはピンと来ないと思います(笑)。

ピンとくる新郎新婦がいれば,ちょっと怖いですね(笑)。
夫婦生活を10年くらい経験のあるカップルなら,わかると思いますが(笑)。

「会話をしなくなる夫婦」には,2通りあるかと思います。
まず,「あうんの呼吸」を体得した夫婦。

「目で会話する」というやつですね。

しかし・・・(笑)・・ここに行き着くまでには,喧嘩も当然しながら山ほど会話をしてきた
結果,たどり着く境地かと思います。

もう一つのパターンは,
「口を開けば喧嘩になるから,お互い口をきかない夫婦」。

うちはコレです(笑)。
いらいらしてしまうので,必要以上の会話は避けています。

結婚当初は良いんですね。
電話代とか気にせず,一日中話しまくれますからね(笑)。
しかし,その状態をずーと続けるということに,実はお互い努力がいるように思います。

しかし人に偉そうなことは,とても言える身分では有りません。この件につきましては(笑)。
しかし,1つだけちょっと偉そうに言わせていただくと,

長い時間をかけて本当のお互いの信頼を勝ち取るものだ

と思います。
結婚した時は「好きよ,好きなのよ」でいいのですが,
社会の中で暮らして行くのですから,必ず判断の難しいことが起きます。

その時の判断基準の違いなどで,喧嘩になったりします。

その基準の違いを,相手の個性と割り切れるかどうか・・・
「割り切りたくない」という気持ちは腹の中で持っていたとしても,
「しゃーない」わけです。

「あほかい!」と思うことがあっても,
「じゃあ俺はどうなの」
と自分の至らなさが,そのまま嫁さんの言動になって出てきていると思うと
・・・「しゃーない」わけです。(笑)。

ここで先日ご紹介しました,吉野弘さんの「祝婚歌」の,このくだり。

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは,長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
        ・
        ・
        ・
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい

この「愚かでいるほうがいい」の”度合い”はどの程度なんでしょう(笑)。
今は・・・たいがい「愚か」なんですけど^^;。

「あほ」なんだから,自分の意見を堂々と語ろうとせず,
控えめに,短い言葉で「チクリ」と言う・・・(笑)。

無意識のうちに,こんな感じで15年・・・とりあえずやってきたかな,
と言う感じです。

あれ,なんか今日は自分の話ばかりですみません。
でも,夫婦生活長くないと,この辺のさじ加減・・・わからないでしょうね。

今日のようなスピーチで,思わず背筋を伸ばしていただく恩恵を受けたのは
夫婦生活のベテランさん達でしょう。

PAの仕事をしながら,「人生の勉強」をさせていただける私は
幸せ者です(笑)。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 心に残るスピーチ, 新郎入場 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です