新郎新婦へ贈る詩 吉野弘の『祝婚歌』

手作りのウエディングドレス


披露宴でのスピーチで,何度か吉野弘さんの『祝婚歌』を朗読されるシーンを見かけます。
本当に・・・何度聞いても,

「そうありたいな」

今までを振り帰って,実感してしまいます。
今日は,この素晴らしい”詩”について,お話したいと思います。

雰囲気と歌詞が小田和正の『たしかなこと』とかぶります。聞きながら読んで下さい。
なお,この『たしかなこと』・・・新郎中座時のBGMとしてもよく流しますね。


小田和正

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


吉野弘さんの『祝婚歌』の内容は,以下のとおりです。

▼▼▼_________________________________

『 祝 婚 歌 』(しゅくこんか)
吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは,長持ちしないことだと
気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい

________________________________▲▲▲

この詩は、私も知っていました。
結婚して、何年か経って・・・知ることになったのですが、

披露宴会場の装花(たっぷり太陽を浴びたひまわり)
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

このくだりが、私は大好きです。
この,肩の力の抜け加減が・・・何とも言えませんね。

そうですよね。

「立派でありたい」,「正しくありたい」
そう思うことは大切なことだと思います。


でも,「立派だな~」,「君は正しいよ~」って決めるのは,他人さんですから。
あまり,そのジャッジに気を捕らわれすぎないようにね・・・っていうことだと思うんです。

「そんなことより,今目の前にいる人。
会社の仲間,友人,家族,そして親。

直接つながっている人達の為になることを,毎日ちょっとでも良いから,やってあげたら。
あなたにしかできないことって,たくさんあると思いますよ。

特に,あなたのパートナーにはね(笑)」

そんな感じでニッコリ笑って,吉野 弘さんが話かけているみたいですね。

「私たちの力なんて,みんなドングリの背比べなんだから,大それたこと考えて疲れるくらいだったら,身近な人の為になることをしてあげてよ~」

そうですね。
身近な人って,やっぱりパートナー(笑)。

「あなたと一緒になって,私の人生ひっちゃかめっちゃかヨ・・・」

そんな事,さすがに面と向かって言われたことありませんが,
たまに顔にそう書いてあるように思える時があります(泣)。

「まあまあ,しょーがないか。おおむねOKよ」

くらいで終われたら満足することにしましょうか(笑)。

「立派でありたい」,「正しくありたい」

は疲れますからね。
でも,毎日ちょっとでも奥さんの為になることを,気配りしてあげたら,
また,子供の事で問題があれば,一緒に考えてクリアするように二人で頑張れば・・・

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる

そんな日を実感できる日が来るかも知れません。
                 ・
                 ・
                 ・
8月10日(ハートの日)にご入籍された幸せ一杯のカップルさん


話は少し変わりますが・・・
祖母から教えてもらった言葉に、「中庸」という言葉があります。

儒教「四書」の一つ。 『論語』『大学』『中庸』『孟子』・・・
あ~・・・眠たくなりますね(笑)。

全く意味など考えたことがありませんでしたが、
高校1年生の時、おばあちゃんから教わりました。

  • 足りないことも無く、余ることも無い状態・・・
  • 厳しく突き放すばかりではなく、温かく守り過ぎることでもない・・・
  • 主張しすぎるのでは駄目ですが,引っ込み思案で何も主張しないのもいけない

「その場その場で『ちょうど良いバランス』というものがあってね。
その一回一回の判断を、『ちょうど良いバランス』の範囲で下せる人が,一番偉い人なんだよ」

その時は「ふ~ん」ってな感じで、
全くピンと来なかったですね。

「もう有言実行の世の中だし,遠慮しないでとれるモノは取って,
取られたら取り返したらいいんだろ。実力の世の中だし」
そんなふうにしか思いませんでした。

しかし,社会人になり、いろんな価値観を持った人ともみくちゃになりながら
仕事をしていくと、だんだん祖母の言った言葉の意味が理解できるように
なってきました。

国同士のやり取りから、取引先企業、上司、部下,そして家族・・・
自分の意見と相手の意見が一致しないことのほうが多い中で
『ちょうど良いバランス』を保っていく判断力。

年を重ねるにつれて、その難しさが身にしみて感じるようになって
来ました。

「ちょっと俺・・・案外ズレてるのと違うかな~」
これくらいの自己評価で,日々「粗相は無かったかな」って反省している内は大丈夫かな(笑)

「八方美人にキョロキョロしてても中途半端なんだからね。
それより大事なあなたのパートナーをしっかり見つめてごらんよ!」



吉野弘さんに突っ込まれそうですね(笑)。
嫁さんに対して,「ちょうど良いバランス」・・保てているかな?

俺と結婚して,日々を充実した生活ができている?
俺と結婚して,楽しいかい?
俺と結婚して,なんか成長した?
俺と結婚して,幸せを実感したことある?
子供が巣立っていっても・・・二人でのんびり生活する気・・・ある?

今は,恐ろしくて聞けません~(笑)。
でも,心の中では,全部「うん!」って返事して欲しい・・・
そう願います。

「中庸」な判断って,要するに・・・
日々相手の表情や雰囲気を見つめて,自分の言動を「微調整」していくことが大切なんだよっていうことだと思います。


幸せ一杯の新郎新婦さん



いきなり「中庸」できた!って,孔子さんじゃないんだから無理ですよね。
だから,相手を見ながら「微調整」が大切だと思います。

「あっ,これは言い過ぎた」
「うっ,これはまだ伝わっていない」

で,ちょっと軌道修正する。
これを,面倒がらずにやれるかどうか(笑)。
そんなところだと思うんですけどね。

最後に,こんな感じでどうでしょうか。

  • 完璧なんて,疲れるから勘弁してな~
  • 人を非難するなんて,もってのほかダメダメ!
  • 正しいことなんて大して分かっていないんだから(笑)
  • 「立派」だの「正しい」だのは,人様が決めるんだから,そこはあまり期待しないで
  • お互いの健康だけは,注意してやっていこ~



森林の中の木漏れ日
どちらかというと,愚かな方ですから(笑)。
そのまま普通で良いわけですよ♪

そうしたら・・・

”健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに・・・”

この境地に,近づけるでしょうか。

「祝婚歌」・・・

いろんな事を考えさせてくれる素晴らしい詩ですね。


note本文中でご紹介した写真は,私がいつも楽しく読ませていただいている『HIROMI PHOTO BLOG』でおなじみのカメラマン,HIROMIさんのご厚意で参照させていただいております。HIROMIさん有り難うございます。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: DVD上映で使いたいBGM, 心に残るスピーチ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です