「バリトンサックスで幸せになるボサノヴァ」歓談BGM♪

結婚式・披露宴に欠かせないBGMとその使うシーンを,洋楽・邦楽問わずご紹介します。







  • アルバムタイトル:『Paraiso/Jazz Brazil(パライゾ/ジャズ・ブラジル)』
  • アーティスト名: Gerry Mulligan(ジェリー・マリガン)
  • 今回の推薦BGM:バリトンサックスで奏でるボサノヴァの歓談BGMとして,全曲そのまま流してください♪

※冒頭のYouTube動画は,カルテットでのびのび演奏しているシーンを選びましたが,
今回のアルバムの収録ナンバーではありません。


最近,歓談BGMにこだわって曲を探しています。
好きなArtistのアルバムを流すのもOK。でも,おしゃれに「ジャズやボサノヴァを」
というカップルも結構多いんです。
そんな方々の為に,探しています。

私はジャズが大好きです。特にピアノトリオはたまらなく好きです(笑)。

キース・ジャレットの突然飛び出す信じられない程素晴らしいメロディ
オスカーピーターソンの攻撃的なピアノ
ビル・エバンスの上品な和音
            ・
            ・
            ・
家でジャズを聞きながら仕事ができる身分を現在目指しています。
オーディオ機器はマンションなので,Boseの「Wave Music System」と決めています。
・・・どうでもいい話ですが(笑)。

さて,Gerry Mulligan(ジェリー・マリガン)。
前作の『Night Lights』はまだ黒髪の青年だったのが,長いブランクを経てリリースした
今回の『Paraiso/Jazz Brazil(パライゾ/ジャズ・ブラジル)』は,白髪の「おじいちゃん」。

しかし,あの大きなバリトンサックスをまるでテナーサックスのように,軽やかに吹きこなす
力強さはまだまだ健在です。

ジャズの世界にバリトンサックスを持ち込んで,メジャーにしたジェリー・マリガンが,
いぶし銀のテクニックを使い,肩の力が抜けた感じで楽しそうに吹き上げています。

それに加えて,ヴォーカル Jane Duboc(ジェーン・ドゥボック)の甘い歌声,
情熱的でラテン色の強いアコースティックギター,
そしてブラジル出身で固めたピアノ,ドラム,ベースの強烈なリズムセクション,

ジェリー・マリガンが,長い間暖めてきたボサノヴァ色の強いアルバムが
ついに完成した!という感じですね。

ネットで調べて即購入,聞いてのっけから痺れてしまいます。
何というリズム,何という軽快さ!

このアルバムには,ボサノヴァという狭い範疇でくくりきれないほど,
いろんな音が入っています。

全11曲,全部良い!外れの曲が無い!
信じられないことです。

私は,一通り聞いてすぐ披露宴が始まり乾杯が終わって食事スタートとなる辺りから
新郎新婦の再入場までの約45分間に,流そうと決めました。

結婚式・披露宴の進行表(タイムスケジュール)の歓談③,④ですね。

全曲流します。カットしなければいけないナンバーは1曲も有りません。
明日,早速試してみます。

残念ながら,試聴できるサイトが見つかりません。

隠れたバリトンサックスのボサノヴァアルバム。実際に手に入れられることを
お勧めします。

■『Paraiso/Jazz Brazil(パライゾ/ジャズ・ブラジル)』の
(ジェリー・マリガン with ジェーン・ドゥボック) : 59分54秒

  1. パライゾ
  2. ノー・リオ
  3. ソ・ア・エストレーラ
  4. オ・ボム・アルヴィーニョ
  5. ウィロウ・ツリー
  6. ボルダード
  7. イタポアンの午後
  8. アモール・エム・パス
  9. ジョビンのテーマ
  10. ノース・アトランティック・ラン

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 【披露宴で流すBGM】, 迎賓・歓談BGM♪ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です