歓談用BGMをJAZZ・ボサノバ系でご紹介します♪

最近、歓談のBGMがマンネリ化してきました。
何か、しっくり来るBGMに変えたいと考えています。

今までは、アップテンポなボサノバをかけていました。
毎回、お客様は変わりますからマンネリになっているのは
私と、式場のスタッフだけですがね(笑)。

・・・が、気分的に変えたいという衝動は、
とうとう沸点まで達しました。

やはり、同じ音楽を聴き続ける辛さには負けます。
ということで、いろいろ物色をすることにしました。

歓談曲・・・

一番披露宴で長い時間流しているBGMです。
新郎新婦のBGMに対する考えや、その披露宴の雰囲気が
明確にゲストに伝わります。

音響担当とすれば、「迎賓の曲」で披露宴は始まります。
そして、新郎新婦の入場、乾杯のご発声が終わり食事歓談が
スタート、ここから歓談BGMが始まります。

次の新郎新婦中座退場まで、歓談BGMが流れます。

そして、お二人が中座した後、再入場までの間、生い立ちDVDなどの
上映が無ければ、ずーと歓談曲のままです。

そして、お二人が再入場された後、余興の合間は
やはり歓談曲で埋めていきます。

総合計すると、約1時間から1時間20分くらいですね。

私の歓談曲であるボサノバCDは、いろんなCDからのお寄せ集めで
18曲入っていますが、全部流しても足りません。

ですので、途中から洋楽・邦楽のPOPなBGMにチェンジしていきます。

披露宴の半分以上の時間を、ゲストの耳元に響き続ける歓談BGM。

入場曲や乾杯曲などと同じように、本来はこだわらないと
いけない部分だと思うんですね。

新郎新婦の指定音源がPOPなBGMの場合,歓談曲もPOPでいくと
全体的に軽い雰囲気になってしまいます。

その結婚式場のスタンスにもよるのだと思いますが,
私は音響担当を任されて,披露宴をカラオケボックスのような雰囲気には
したくありません。

ご年配のゲストも必ず披露宴にはおられるわけですから,やはり歓談曲は
ボサノヴァやJazz系のシックな雰囲気に保ちたいと思います。

しかし,Jazzやボサノヴァ系のCDをいろいろ検索して私も探すのですが・・・
なかなか良いと思う歓談BGM集がありません。

たまにCDを持ち込まれる新郎新婦さんもおられますが,
全曲使えないCDが多いですね。

歓談曲というのは、明るく弾むようなウキウキ感が伝わるような
選曲をしないといけないと思います。

JAZZや、ボサノバも沈むように落ち込んでしまいたくなるような
バラードがあったりします。

そういうBGMはカットしないと。
楽しく盛り上がっている時に、

「枯葉よ~・・ああ枯葉・・・」

テナーサックスで低く寂れた音が飛び出してくる・・・
披露宴会場は、ジャズ喫茶ではないんですから!

という訳で、私が責任を持って皆様に

「これが披露宴で流す歓談BGM!」

というものをご紹介いたします。
といいましても、音源を確保するところからやりますので
しばしお時間をください。

私の独断と偏見で決めさせていただきます。

基調となるのは、やはりボサノバ、JAZZです。
なぜかと言いますと、私が好きだからです(笑)。

・・・まあ,それもありますが,全体的に落ち着いた雰囲気になりますので
ご親戚やご年配の方々にも最後までくつろいでいただける為の配慮だと
思うんですね。

歓談BGMも、新郎新婦が大好きな曲で固めてもいいかと思います。
ミスチルが好きな方は、ミスチルで固めてしまう。

ドリカム、藤井フミヤ、槙原敬之・・・
今までもありました。好きなアーティストの曲で全て埋めてしまう。

これもありだと思います。いいんですよ。

しかし、繰り返しますがご年配のゲストにもくつろいでいただく為に・・・
また,チャラチャラしないで,もう少しおしゃれな雰囲気にしたい・・・
というご要望も、よく聞くんです。

今回は、そんな方のために作成してみます。

すべて、音源と曲名をわかるようにしますので、
ご期待ください。

少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 仲居 一平の独り言 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です