ゆったりと渋いNorah Jonesの『Turn Me On』で退場

結婚式・披露宴に欠かせないBGMとその使うシーンを,洋楽・邦楽問わずご紹介します。



宴の終わり、新郎新婦はもちろんゲストの皆さんもお疲れモードのときですね。
私は、このBGMを新郎新婦退場曲としていつも使っています。

ゆったりとした退場曲。
あまり激しくなく、しかし渋い・・・

披露宴最後に流すBGMとして重宝しています。
もちろん、退場後のゲストお見送りの際にかけるBGMとしても使えます。

『Turn Me On』、日本語訳は「たまらくさせて・・・」(笑)
「もうこれ以上たまらない演出はいいよ~」ってな感じですかね。

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)は1979年3月30日生まれの29歳。
ノラが生まれる前にすでに離婚していなかった父親は、インド人ということもあり
どこか東洋風な面影を残した”アジアンビューティー”ですね。

学生時代はジャズに傾倒するノラ。
1996年、高校在学中にダウンビート学生音楽賞(Down Beat Student Music Awards)の「最優秀ジャズヴォーカリスト賞(Best Vocalist)」、「最優秀オリジナル作曲賞(Best Original Composition)」を獲得し、翌1997年にも同音楽賞で「最優秀ジャズヴォーカリスト賞」を受賞・・・

”筋金入り”とはこのことですね。やはり生まれ持った天性に恵まれているのでしょう。

2001年1月、ブルーノートと契約。
23歳の2003年、第45回グラミー賞で8部門のノミネート。そして全部門での受賞。

その時、最優秀アルバム賞を受賞した『Come Away With Me』に収録されている
これまた同グラミー賞にて最優秀レコード賞を受賞したのが、『Don’t Know Why』でした。

私は、ずっとこのゆったりとしたボサノバチックなナンバーが好きでした。

そして、ふと見つけたノラの別ナンバー『Turn Me On』。
ほとんど、『Don’t Know Why』と曲調は同じ。

スローなバラードは彼女には似合うのでしょうか。
このBGMを流し終わった後の挙式会場の、落ち着いた雰囲気が・・・
私は好きです。

ノラ・ジョーンズ『Turn Me On』の日本語訳を最後にご紹介しておきます。
neoさんが運営されています、「neoのブログ」に素敵な日本語訳が紹介されていましたので、参照させていただきました。
neoさん、渋い和訳有り難うございます。

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)『Turn Me On』の日本語訳

Like a flower waiting to bloom
Like a lightbulb in a dark room
I’m just sitting here waiting for you
To come home and turn me on

咲く時を待つ花や
暗い部屋の電球みたいに
ただ ここであなたを待ってる
ここへきて 私を熱くさせて・・

Like the desert waiting for the rain
Like a school kid waiting for the spring
I’m just sitting here waiting for you
To come on home and turn me on

雨を待つ砂漠や
春を待つ子供みたいに
ただ ここであなたを待ってる
ねぇ ここへきて 私をたまらなくさせて

My poor heart, it’s been so dark since you been gone
After all, you’re the one who turns me off
You’re the only one who can turn me back on

あなたがいないと 心は暗く沈んだまま
結局 私をこんなに萎れさせるのは あなただけ
生き返らせることが出来るのも あなただけ 

My hi-fi’s waiting for a new tune
The glass is waiting for some fresh ice cubes
I’m just sitting here waiting for you
To come on home and turn me on
Turn me on

ステレオは 次の曲を待ち
グラスは 新しい氷を待ってる
私は ただ ここであなたを待ってる
ねぇ ここへきて 私をたまらなくさせて
熱くさせて・・・


少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 新郎新婦退場 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です