新婦お手紙朗読の定番「The Rose」

結婚式・披露宴に欠かせないBGMとその使うシーンを,洋楽・邦楽問わずご紹介します。




Bette Midler(ベット・ミドラー)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


▲矢印クリック!BGM試聴でご確認下さい♪


  • アルバムタイトル:『ローズ/オリジナル・サウンドトラック』
  • アーティスト名:Bette Midler(ベット・ミドラー)
  • 今回の推薦BGM:『The Rose』
  • ベット・ミドラー関連サイト
  • 『The Rose』の日本語訳は巻末につけています。ご参照ください。



披露宴の最後,新婦がご両親に手紙を朗読するときに流すBGMです。
あるいは,ご両親に向けて花束贈呈のシーンでも,使えます。

「ローズ」というのは,60年代の最大の女性シンガーといわれたジャニス・ジョプリンをモデルに、反体制の空気に満ちた60年代のアメリカの若者を熱狂させた1人のロック歌手ローズの愛と激情の人生を描いた1979年の映画です。
ローズ役のBette Midler(ベット・ミドラー)が,映画の中で感動的なラストシーンに歌う曲がこの「The Rose」です。

名声・栄華とはうらはらに,激情の持ち主故におしよせる孤独感・・・
ジャニス・ジョプリンの魂の叫びがそのまま歌になって,私たちの心を癒してくれます。

  「夜がとても孤独で 道がとても長く感じるとき
  愛が 幸せな人と強い人だけのものに思えるとき

  これだけは覚えておいて・・・

  冬 深い雪のしたに眠っていたその種は
  春 太陽の愛をうけて バラの花を咲かせる」 

この「The Rose」という歌は,老若男女を問わず,希望を持って人生を生き抜いていきたいと考える人全てに
響く応援歌です。

もちろん,幸せ絶頂の新郎新婦にも。

何気なくメロディラインの素晴らしさから,流していたBGMですが,
歌詞を知って,ますます好きになりました。

世代を超えて,心を動かされる披露宴のエンディングテーマですね。

なお、美しい歌をより理解していただくために、『The Rose』の日本語訳も
あわせてつけ見ました。

対訳は,かおるさんで有名なcast a dieの「THE ROSE by Bette Midler」を参考にさせていただきました。
かおるさん,すばらしい日本語訳、有り難うございます。

Bette Midler(ベット・ミドラー)の『The Rose』歌詞の日本語訳

Some say love, it is a river
that drowns the tender reed.

誰かが言う
愛は川のようだと
穏やかに生きる葦さえ 溺れさせてしまうものだと

Some say love, it is a razor
that leaves your soul to bleed.

誰かが言う
愛は鋭い刃物のようだと
あなたの魂から 血を流すことになると

Some say love, it is a hunger,
an endless aching need.

誰かが言う
愛は飢えのようなものだと
永遠に思える痛みを伴うだろうと

I say love, it is a flower,
and you its only seed.

愛は花だと わたしは思う
それは種に過ぎないと あなたは言う

It’s the heart afraid of breaking
that never learns to dance.

夢から醒めてしまうことを恐れているから
いつまでもチャンスを掴めないでいる

It’s the dream afraid of waking
that never takes the chance.

誰かに奪われると思っているから
誰にも与えることができないでいる

It’s the one who won’t be taken,
who cannot seem to give,

愛を与えることができない人は
愛を受けることも決してない

and the soul afraid of dyin’
that never learns to live.

死ぬことを恐れるその心は
生きることを決して学ばない

When the night has been too lonely
and the road has been too long,
and you think that love is only
for the lucky and the strong,

一人ぼっちの長い夜
一人ぼっちのあまりに遠い道
そのときあなたは思うだろう
愛は運や力に恵まれた人のものなんだと

just remember in the winter
far beneath the bitter snows
lies the seed that with the sun’s love
in the spring becomes the rose.

けれどこれだけは覚えておいてほしい
冬 深い雪のしたに眠っていたその種は
春 太陽の愛をうけて バラの花を咲かせる



少しでもお役に立てれば,うれしいです。1クリックよろしくです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ


この記事を読んだ人は次の記事もチェックされています

仲居 一平 の紹介

結婚披露宴で音響演出を担当させていただいております,仲居 一平と言います。 音響担当の立場から,「本番の結婚披露宴」を見させていただいて, 心に残る演出やスピーチ,思わずうなってしまう”妙な”選曲などを,できるだけ臨場感を持ってお伝えしていきたいと考えています。お忙しいカップルさんの結婚準備に少しでもお役にたてれば幸いです♪
カテゴリー: 新婦お手紙朗読 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です